FC2ブログ
一度踏み入ったら出口の全く見えない音楽の深い森。森の中を彷徨い歩く内に出会った神々と妖精たちのお話です。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平和記念像
NAB1


長崎にある平和記念像。上の写真は昨年同地を訪問した際に撮りました。8月9日のこの日を迎え、また沖縄の翁長知事急逝のニュースを聞いた上で改めて拝見しますと、普段とは異なった何か特別な感情が込み上がって来ます。


指先は、あの原爆が落とされた天空の一点を指し示しているように思えたのですが、実は爆心地の中心点はこの像の真上ではなく、そこより少し南側だそうです。


NAB2


こちらの原爆落下中心地碑には、「原爆殉難者名奉安」と書かれていました。原爆による死者は落下直後で7万4千人、負傷者は7万5千人と言われています。当時の長崎市の人口が約24万人だったそうですから、その被害の甚大さがいかに凄まじいものであったか、この数字を聞いただけでも伺い知れます。無論、原爆による放射線被爆の恐ろしさはその後にも続いたわけで、こうした後々にまで影響する被害による犠牲者も含めれば、その数は遥かに大きなものとなります。


ところで核兵器禁止に関する日本政府の見解はどうなっているでしょうか。我が国は、宇宙空間、大気圏内、水中、地下を含むあらゆる空間での核兵器の核実験による爆発、その他の核爆発を禁止する『包括的核実験禁止条約』については、1996年国連総会において署名、翌年批准しています。ところが核兵器の全廃と根絶を目的とする『核兵器禁止条約』に対しては、驚くことに反対の立場を取っています。国際社会の至るところで「原爆による唯一の被爆国」と口先では言いながら、この条約に賛同しないどころか反対する、その理由が分かりません。事実、多くの国々が日本は言っていることとやっていることが矛盾していると指摘しており、不信感を表明する国すらあります。


核兵器を既に所有している複数の国が存在している現状では、条約に署名してもその実効性が乏しいというのが政府の表向きの見解のようです。しかし、本当にそれだけが理由でしょうか。あるいは敗戦後、60年以上も米国の核の傘の下に平和と繁栄を保証されて来たという負い目があるからでしょうか。それとも実は、核兵器を完全に禁止すると表明すると(我が国の産業界にとって)都合が悪くなる裏の理由があるからでしょうか。日本の戦後における米国追随姿勢の是非について、ここで論ずるのはいささかテーマが大き過ぎで、本ブログの主旨からも逸脱してしまいます。しかし、特にトランプ大統領が就任してからの首相の米国に対する盲目的追随姿勢を見ている国民としては、他人事ではありません。実効性云々の以前に、どのような社会が理想なのか、その信念の表明こそが大事だと思うのです。北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)と米国間の劇的な変化を目の当たりにして、そこから蚊帳の外に置かれている現実を経験したばかりではありませんか。過去ではなく将来を見据えて、この条約に対してどのような姿勢で取り組むのか、首相はその姿勢を見せるべきでした。私たち一般国民が一番望むものを国際的に発信する絶好の機会であったのに、それをみすみす見逃してしまっていることが歯がゆくてなりません。


プチ平和の中で、連日様々な団体が個人の都合でいいようにのさばることが許される悪弊が露見するニュースが続いています。総裁選挙にまで、その悪弊が拡がっていることに愕然とするのは私だけでしょうか。あれだけの不祥事や行政文書の改ざんが続き、不透明・不公正な行政判断が行われて来たにも拘わらず、現職の誰もが責任を取らず、居座り続けることが出来るのはいったい何故なのでしょうか。与党だけの話に留まりません。間もなく行われる知事選挙の候補者選びで、野党各党の思惑だけでゴタゴタするのは、本当に止めて頂きたいものです。上からの指令や忖度に拠らず、自分(たち)の意思をきちんと表明すること。それが出来る人に未来を託したいと心から思います。






スポンサーサイト

伯爵夫人
LRC1


未だ女性が社会進出することが難しかった19世紀のイギリス・ビクトリア朝時代、作曲の分野で草分け的存在となったアリス・メアリー・スミス (Alice Mary Smith, 1839-1884)について2012年5月19日の記事で取り上げました。


ほぼ同じ頃、当時としては類稀なる才能を発揮して自身が指揮するオーケストラまで組織し、ほぼ定期的な演奏会まで行っていたもう一人の音楽的逸材について今日はご紹介したいと思います。彼女の名前はヘレン・マチルダ・チャップリン (Helen Matilda Chaplin, 1846-1929)。1866年、彼女が20才の時に後に(1889年に)ウェールズ地方のRadnorshire郡の第5代伯爵としてその地を治めることになるWilliam Pleydell Bouverie (1841-1900) と結婚したことにより、最終的には伯爵夫人となりました。一般にはLady Radnorとして知られています。


Helenは音楽とガーデニングに特に才能を発揮したようで、夫が子爵の称号をもらっていた結婚直後の頃より女性弦楽器奏者からなる楽団を組織し、これが後にLady Radnor's Bandとなり、1880年代から90年代にかけてロンドンや地方の町々で様々な作品を演奏した記録が残っています。


彼女が英国音楽史の中で記憶されているのは、こうした時代に先駆けて行った数々の業績と共に、彼女の名前が冠された作品が実際に残っているからでもあります。その作品とは、「Lady Radnor's Suite」。彼女が楽団で演奏するためにと、当時英国音楽界では名前が広く知られた代表的作曲家パリー (Sir Charles Hubert Hastings Parry, 1848-1918)に作品を委嘱し、その結果1894年に出来上がった弦楽オーケストラのための全6楽章から成る演奏時間15分程度の小品です。英国音楽と言えば、「弦楽オーケストラ」と言われるくらい有名なジャンルであり、事実エルガー、ヴォーン=ウィリアムズ、ブリッジ、フィンジらが後に数々の名曲を残しましたが、実はその嚆矢ともなった作品がこの曲なのです。パリーは、今日英国音楽の代名詞とも言われる弦楽オーケストラという新しい伝統が確立する以前に活動した作曲家であり、その意味では時代の限界という悲運を背負った作曲家でもありました。5つの交響曲を始め数多くの作品を残しましたが、その多くは当時ヨーロッパ大陸で2大潮流となったブラームス、ワーグナーらの音楽の内、特に前者の影響を多分に感じさせるものであり、結果として評価がいまいちに留まらざるを得なかったわけです。しかし、この「Lady Radnor's Suite」の作品がその後の英国音楽伝統の先駆けとなったことを思えば、パリーについてはもう少し再評価されても良いのではと管理人などは思っています。種々の演奏がYouTubeにアップされています。一応のお勧めはこれになるでしょうか。







Queen Symphony
QSY1


皆様、今年2月以来お久し振りです。
いつまでも平昌オリンピックの記事のままでは・・・とは思いながらも、体調もさることながら、多忙で記事を書いている余裕が全くありませんでした。実は当ブログ管理人の仕事上の所属先が4月から新しい機関へ変更となったことも大きな原因の一つです。


とは言え、仕事内容にあまり変わりはなく、つい先日も広大なビクトリア湖の上(上の写真)を飛びました。熱帯から亜寒帯まで、この半年間に既に20万km以上は飛行機で移動したでしょうか。


お休みの間に米朝両国首脳によるシンガポール会談を始め、様々な出来事・事件が国内外で多数起きましたが、それぞれに思うことは沢山あります。しかし、ここでそれらについて述べても今更の感が無くもなく、ある意味では大きな進展を見せたようで、実質的に何も現在と変わっていないのではという気も致します。ここでは、各国首脳たちの横柄な自国の利益だけを優先する見かけだけのパーフォーマンスには、落胆と同時に怒りすら覚えるとだけコメントしておきましょう。特に某国の首相。隣国にからんだ諸問題解決に際して国際社会の動きから完全に取り残されているのは明らかにも拘わらず、その経済的(経費)負担だけは容認すると発言するなど、国の代表として恥ずかしい限りです。しかも首相の地位に居座りを決めていて、それを周囲が認めざるを得ないという状況は残念でなりません。





さて、そんなに連日忙しくて趣味の音楽など聴いている暇はあるのかとの問いに対しては、その時間が相当制約されていましたと正直に申し上げます。今年に入ってCDの購入数も激減し、コンサートへもほとんど足を運べませんでした。


そんな中、就寝前などにヘッドフォンで聴くお気に入りの1枚を今日はご紹介します。「Queen Symphony」。ビクトリア湖と言えば、ビクトリア女王。そのつながりでの紹介ですと言えば、いささかこじ付けの感もありますけれど、しかし、音楽的には大変好感を持っています。ちょっとPaul McCartoneyの作品、交響詩「Standing Stone」(2008年10月19日の記事)に対する印象に近いものを感じます。イギリスのロック・グループ「Queen」の原曲名曲の数々を元に、トルコ=キプロス系イギリス人作曲家のTolga Kashif氏 (1962-) が2002年にクラシック音楽風にアレンジしたコーラス付きの全6楽章から成る大曲です。全体的にスローな曲調の楽曲に仕上がっており、感動的な盛り上がりも其処彼処にあります。ロック音楽など関心がないと仰るクラヲタのオジサン世代に特に聴いて頂きたいと思います。


CDとしては、一般的にRoyal Phailharmonic Orchestraと作曲家自身指揮による演奏がお勧めです。しかし、Henrie Adams指揮、‘La Artistica’Buñol Symphonic Band演奏、Orfeon Universitario de Valencia合唱によるものも、なかなか迫力があって管理人としては甲乙付け難しです。どちらかを店頭で見つけられたら、即買いをお勧め致します。






平昌オリンピック-素晴らしい快挙が続いています!
POSS2


日本人選手の快挙が続いています。女子スピードスケート500mの小平奈緒さん、悲願の金メダルおめでとうございます。!
しかし、今回の冬季オリンピック。メダルを取った日本人選手だけでなく、出場するどの国のどの選手も実に輝いています。


中には本来の力が発揮できなくて悔しい思いをした選手もいたかも知れません。結果は期待通りでなかったとしても、皆素晴らしい頑張りを示してくれたように思います。


そして上の写真がその一枚になりますが、小平先生の銀メダルに終わった韓国の李相花選手に対する一連の態度と気遣いは、とても心が温まる印象に深く残ったシーンでした。何かとギクシャクすることが多い両国ですが、彼の国のメディアでも好意的に報道されたようです。結果もさることながら、それ以上に嬉しい感動的な出来事でもありました。両国の関係は、いつもこのようにありたいですね。


大会は残すところ後数日。各国の選手たちの更なる活躍が益々楽しみです。(実は管理人、間もなく出張のため、閉会式を含めて十分にオリンピックを楽しめません。この時点で最も記憶に残った写真を今日は掲げさせて頂きました。)



平昌オリンピック
HYPO1


年が明けてから、種々の仕事に追われる内に、いつの間にか平昌オリンピックが始まっていました。


直前になってから北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)が参加の意向を示し、本来の開催国である南(大韓民国)側が歓迎の意を表したことから、様々な混乱が生まれたことは皆様ご存じの通りです。批判はいろいろとあると思いますが、統一民族としてのアイデンティティーの重要性を国際社会に改めて示したことや、形だけでも統一チームが形成された意義は大変大きかったと思います。そして個人的には、三池淵管弦楽団なる団体の存在が知られ、二度の公演まで行ったことによって、例の旺戴山軽音楽団と銀河水管弦楽団メンバーらの粛清と解散事件以来、牡丹峰楽団を除いて伝統的朝鮮音楽を奏でる楽団はあの国にはもはや残っていないのかという心配が杞憂に過ぎなかったことが確認されたことが嬉しかったです。


ドロドロした政治的な話はさておき、何はともあれ昨日のビッグ・ニュースはこれ!!! フィギュアスケート男子シングル・フリーにおける羽生結弦選手の優勝(金メダル連覇)と宇野昌麿選手の準優勝(銀メダル)という快挙!!! 特に、右足首の怪我の影響もあってか、疲労の極致に達していたに違いない後半こそ多少の乱れが見られたものの、予想を遥かに超える出来に仰天です。演技中の羽生選手の表情には鬼気迫るものがありました。本当に凄い精神力です。心からおめでとうございます!!!


当時の世界最高得点330.43を出した2015年GPF戦での映像と今回の映像(実況なし)を並べてみました。音楽との一体感にも注目を!得点の良し悪しではなく、どちらも忘れられない永久保存ものの映像だと思います。









Copyright © クラシック音楽の深い森. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。