FC2ブログ
一度踏み入ったら出口の全く見えない音楽の深い森。森の中を彷徨い歩く内に出会った神々と妖精たちのお話です。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の最後のバラ
TLRS1


[原詩: Thomas Moore (1779-1852)によるThe Last Rose of Summer (夏の最後(名残)のバラ)]

'Tis the last rose of summer,         
Left blooming alone;         
All her lovely companions    
Are faded and gone;         
No flower of her kindred,      
No rosebud is nigh,         
To reflect back her blushes,
Or give sigh for sigh!          


I'll not leave thee, thou lone one,    
To pine on the stem;          
Since the lovely are sleeping,   
Go sleep thou with them.      
Thus kindly I scatter      
Thy leaves o'er the bed      
Where thy mates of the garden    
Lie scentless and dead.        


So soon may I follow,         
When friendships decay,        
And from Love's shining circle  
The gems drop away!    
When true hearts lie withered,   
And fond ones are flown,      
Oh! who world inhabit         
This bleak world alone?          


[和訳]

それは夏の名残のバラ
一輪だけ咲き残る
同じ木に咲いた美しき仲間たちはすでに
色褪せ散っていった
ともに咲く同じ血筋の花もなく
小さな蕾すらそばにいない
仲間がいれば紅の色を映しあったり
嘆きを分かち合うことも叶うのに


さびしい薔薇よ 私は おまえを
茎の上で嘆き暮らすままにはしない
愛しい仲間は永久の眠りについているのだから
さあ、共に眠るがいい
こうやっておまえを手折り
花壇に葉を優しく散らしてあげよう
仲間だった花たちが
香りもなく散り敷く その上に


まもなく私も後に続くだろう
友情が朽ち去り
そして愛の輝ける団欒の輪から
宝石のような大切な人たちがこぼれ落ちる その時に
心を許しあった人が枯れ果て
愛しき者たちも去ってしまったら
ああ、誰が生きて行けようか
この凍える世界に独りきりで




夏が終わろうとしてしている時、ふと庭に咲き残っていた一輪のバラを見て、まるでわが身の周囲から一人、また一人と先立っていった愛する家族や友人たちのことを想い出し、独り年老いてこの世に生き永らえている孤独な寂寥感を詠ったご存知アイルランドが誇る大詩人トーマス・ムーアの傑作です。


この歌の日本語版は、明治17年(1884年) 「庭の千草」のタイトルで、音楽教科書『小学唱歌第3編』に掲載され世に知られるようになりました。


庭の千草  [詩・里見 義(ただし)]

庭の千草も 虫の音(ね)も
枯れて さびしく なりにけり
ああ 白菊  ああ 白菊
ひとり 遅れて 咲きにけり

露にたわむや 菊の花
霜に おごるや 菊の花
ああ あわれあわれ ああ 白菊
人の操(みさお)も かくてこそ


「庭の千草」では、老い先が短い寂しさが主題ではなく、また季節も霜が降り始める晩秋から初冬の頃に、露の重みをものともせず凛と咲く白菊に主題が置き換わっている点が異なります。どちらも、その時代と国民性を反映して実に見事な傑作となっているように思います。


なお曲は、エドワード・バンティング(Edward Bunting、1773~1843)のアイルランド民謡集に収められていた「The Groves of Blarney(ブラーニーの木立)」を原曲として、それを大きく書き換えた旋律となっています。また「ブラーニーの木立」という旋律自体は、リチャード・アルフレッド・ミリキン(Richard Alfred Millikin、1767~1815)が「Castle Hyde(ハイド城)」という名のアイルランドに伝わる古民謡を書き直したものだとされています。


ちなみに、ドイツのフリードリヒ・フォン・フロトー(Friedrich von Flotow、1812-1883)が作曲したオペラ「Martha(マルタ)」(1847年初演)の中で村娘マルタに変装した主人公がこの歌を歌ったことにより、ヨーロッパ本土でも知られるようになりました。


以下、それぞれのヴァージョンでこの名曲を聴いてみましょう。


The Groves of Blarney(ブラーニーの木立) (注. 後半は演奏者独自の変奏あり。)



オペラ「Martha」からLast Rose of Summer (歌唱: Renee Fleming)



庭の千草 (歌唱: Shaylee)



男声による「「The Last Rose of Summer」 (歌唱: John McDermott)






スポンサーサイト

夏の終わり
SED1


学校に通う皆さんにとっては、いよいよ長かった夏休みも終わりですね~。
えっ、宿題が終わってないから、もう少し欲しいって?
社会人になったら、そんな贅沢なことは言ってられないのですよ。


管理人の夏休みは、実質上ゼロ!(キッパリ)
先日の話ですが、仕事上の理由もあり、日本に一時帰国と出張が相続きましてこんなスケジュール↓になりました。


某日の真夜中、ロング・フライトの後、東京羽田空港に到着。空港近くの宿に1泊。
翌朝、午前中に都内で用事を済ませた後、新幹線で関西に向けて出発。夕方までにそこでの用事を済ませ、その日は当地で1泊。その時、例のお店で買ったものが冒頭のお菓子。「黄桃」と「杏(あんず)」を模った生八橋です。
翌日、残りの用事を短時間で済ませ、再び新幹線で東京に戻り、そこで荷作りをし直して、モノレールに乗り、夜には羽田空港からヨーロッパのパリに向けて出発。翌朝、飛行機に乗って別な国へ出張。・・・


と、いつも大体はこんな感じで、管理人は移動します。お蔭で旅行疲れと行く先々での押し寄せる仕事に、すっかり夏風邪を引いてしまい、さすがに昨日はフラフラとなり、半日だけ休むことにしました。今日も微熱と咳と激しい頭痛が残っており、ひと通りの家事を終えたら、バタンキュー。来週から、また激務の連続です。週末は少しでも休養と取ってボチボチやるしかありません。





一時帰国した時の感想ですが、今年の日本の夏も例年通り猛暑の連続かと思ったら、意外や意外。天候不順が続いたみたいで、所によっては急に秋になったかのような冷え込みが見られるなど予想外の展開を示していますね。全国の各地では夏祭りなども終わり(関西だと地蔵盆が終わると夏の終わりを感じます)、いよいよ秋の季節の到来です。今日は華麗な撥さばきと勇壮なドラム・太鼓の響きで夏の終わりを締めくくりましょうか。








アメリカ大陸のパリ(3)
CND1
ノートルダム・ド・ボンスクール教会 (Chapell Notre-dame Bonsecours )


モントリオールの旧市街を北端の方向に散策すると、もう一つのノートルダムの名が冠された教会があります。1657年に創立された同地で最も古いノートルダム・ド・ボンスクール教会です。


外から見る限り大きな教会ではありませんが、ひとたび中に足を踏み入れてみると・・・


CND2


内部はそれなりに厳粛で実際以上に大きく感じます。そして、やはり時代なのでしょうか、前回ご紹介したノートルダム教会に比べ、より中世的な雰囲気があることにお気付きになることでしょう。それでも決して暗黒の中世とは縁が薄いように思います。


聖堂の側面に立ち並ぶステンドグラスの色彩がとても美しいです。その内の2枚だけお見せしますと・・・


CND3


CND4


こちらの教会でもオルガン演奏が静かにありました。オルガン自体は小さいものでしたが、訪れたのが金曜日の昼下がりにも拘わらず、まるで管理人を待って歓迎してくれたようで非常に嬉しいです。


CND5


カナダの観光旅行本などをざっと眺める限り、モントリオールからはナイアガラ・フォールも遠く、トロントに比べると幾分か魅力に不足するかも知れませんが、十分に楽しめる実に美しい街だと思います。






カナダとアメリカ合衆国。いろいろな面で対比される関係の2国ですが、国土は同じくらい広大なのに実際に居住可能な場所の広さが段違いに異なるため人口が米国の1/9くらいしかありません。

それに呼応してかクラシック音楽の分野でも名の知れたカナダの音楽家の名前を上げるのは意外と難しいです。

本日は、これまた知る人ぞ知るモントリオール生まれの作曲家クロード・シャンペーン (Claude Champagne, 1891-1965 )の作品を取り上げてみたいと思います。彼の代表作とも言えるSymphonie Gaspésienne (1947年作)。
ガスペ (Gaspe) とはケベック州を流れるセントローレンス川の河口近くに存在する町の名前で、Gaspesienneとは「ガスペの女性」というような意味になりますが、不安な空気に包まれた不思議な冒頭部から始まって、徐々に音楽が色彩感とスケールを増大し、最後は荘厳に完結するなかなかの傑作となっています。是非最後までお聴きになってみて下さい。






アメリカ大陸のパリ(2)
NDC1
ノートルダム教会 (Basilique Notre-Dame de Montréal)


モントリオール市内中心部に位置するノートルダム教会です。左右に聳える二つの塔が本家パリのノートルダム寺院を髣髴させます。この教会は、17世紀半ばに小さなチャペルが建てられたのが始まりで、それがやがて19世紀に入ってから、より大きな教会として建築家James O’Donnell 氏によって設計され、1829年に完成しました。正面から向かって右側の西塔には、重さ11トンもの巨大な鐘を始めとする大小10個の鐘が据えられており、定時になると街の遥か遠くにまで荘厳な音を轟き渡らせています。


もっとも真下から見上げれば巨大な二つの塔も・・・


NDC2


少し離れてから見ると、本家に比べると小さいことがわかります。


しかしながら、中に入ると・・・


NDC3


思わず感嘆の声を上げてしまいそうなほどの美しさ。


NDC4


管理人が訪れた時はちょうどオルガン演奏もあって、とても厳粛な気持ちになりました。


なお、この教会にはメインの祭壇の奥に1889年に完成した新しいチャペルが造られています。こちらの方も是非お見逃しなく。


NDC5


ところで、この教会はカトリック系ですが、中世のヨーロッパに建造された教会群と比べて全体にずっと明るいような感じがしませんか? 実際に建てられてから時間的に新しいこともありますが、やはり新大陸の息吹がそのような設計を好んだのではないかと管理人は思っています。なお設計に当たったO’Donnell 氏は、元々アイリッシュ系のプロテスタントだったそうですが、死の直前にカトリックに改宗したそうです。


パリの街中にあるノートルダム寺院とこのモントリオールのノートルダム教会。大西洋を挟んで2つの大きな大陸の2つの国と文化がそれぞれに花開いた象徴として、どちらも訪れる人々に忘れ難い印象を与えてくれる名所の一つでしょう。






本日は、「ロード・オブ・ザ・リング−二つの塔」(2002年公開)などの映画音楽を担当したカナダ・オンタリオ州トロント生まれの作曲家ハワード・ショア (Howard Shore, 1946-)をご紹介しましょう。「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズの他、手がけた映画作品は枚挙に暇が有りません。そうした作品群の内、「リング」シリーズの美味しい部分をつなぎ合わせた作品「The Lord of the Rings Symphony」は、全曲演奏に約2時間を要する大作ですが、それを 50分間程度に縮めた次の動画で、彼の音楽のエスプリを味わってみて下さい。所々に作曲者自身による解説やコメントが挿入されており、彼のこの作品に対する特別の想いが込められていて飽きません。ご関心がありましたら、全曲もYouTubeにアップされています。







アメリカ大陸のパリ(1)
CMP1


Bon jour! 交差点の表示を見上げると、「ノートルダム東通り」に「聖ガブリエル通り」。
まるで、パリの街角にいるような錯覚を覚えます。
しかし、実際に管理人が訪れたのはカナダ東海岸最大の街モントリオール。これから、数回に分けて、このパリを髣髴とさせる美しい街についてご紹介したいと思います。


CMP2


街中で撮ったスナップショットの1枚。どう見てもヨーロッパのパリですよねぇ~。

テレビのスイッチと入れても半分以上の番組はフランス語だし、街中の其処かしこが仏語だらけ。ダウンタウンの一画にこじんまりと中華レストランが集まるチャイナタウンの店員までがフランス語(あるいは中国語)でお客様と応対します。そう、英連邦の国カナダなのに、ケベック州は仏語圏の世界なのです。


それにしても、ここケベックの地だけが特にフランスからの入植者たちが多かったのは、16世紀以降同地からの移民が続いたからなのですが、その結果、中南米のスペイン・ポルトガル語圏の新大陸とは一味違った、一口に言えば明るいカトリック信仰の世界がここには拡がっているように思います。歴史が比較的新しいためか、この街の教会などは、中世の重々しさはかけらもなく、むしろ清々しいと表現した方がピッタリの雰囲気があります。それらの写真は次回以降に。





本日は、先ずはカナダ・ケベック州生まれの作曲家アンドレ・ギャニオン(André Gagnon, 1942-)の作品の幾つかをお楽しみ下さい。あっ、これテレビのCMで聴いたことがあるって気が付かれるかも知れません。ある意味で超人気のヒーリング音楽を産み出した作曲家が生まれたのは、8月1日。そう、丁度今日が彼のお誕生日なのですね~。


Comme au Premier Jour 「めぐり逢い」



Chanson Sans Paroles 無言歌「ぬくもりにふれて」



Un Piano Sur La Mer 「海辺のピアノ」





Copyright © クラシック音楽の深い森. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。