FC2ブログ
一度踏み入ったら出口の全く見えない音楽の深い森。森の中を彷徨い歩く内に出会った神々と妖精たちのお話です。

ハッピー・ハロウィーン!
PMP2


やって来ましたハロウィーン! この季節、この行事を境にみるみる気温が下がり、晩秋、そして本格的な冬の到来、と同時にクリスマスを迎えることになるので、やはり何か書いてみたいと思います。


少々古いお話ですが、管理人が一念発起して米国で働いてみようと渡米したその年の10月下旬です。午後の休憩時間に新しい職場の先輩たちが、このハロウィーンをどう迎えるかの話に花が咲いていました。興味津々で耳を傾けていると、突然こちらを振り向いて

Are you already prepared for Halloween?

と訊いて来ました。多少は聞きかじりの知識はあったものの、「準備って、いったい何を?」と答えにまごついていると、一人が真顔で、「近所の子供たちが集団で家々を全部回って来るわよ。そして彼らが『Trick or Treat』と言った時に、もしも十分量のキャンディーやチョコレートなどを上げなかったら、とんでもない悪戯をされるから大変なのよ。それだけお菓子を用意しときなさいってことなのよ」と脅すではありませんか。


確かに10月に入ると、どこのスーパーに行っても、お店中が橙色一色に染まると言って良いくらいハロウィーンのデコレーションと商品で一杯になります。特にキャンディーなどは山のように積み上がっいて、キロ(ポンド)単位で売られたりします。変な悪戯をされたら大変と、お菓子類を買うことに決めたのは好いけれど、さて困ったのが一体どのくらい用意したら良いのか皆目見当もつきません。不足するよりは余るくらいの方が好かろうと十分量のキャンディー類を買い揃え、さて本番の当日を迎えることになりました。


さあ、皆さん、どうなったと思います?


こちらはどんなに多数の子供たちがやってくるかと、ワクワク・ドキドキしながらドアを眺めて待ち構えていたのですが、待てど暮らせどベルの音もノックの音も聞こえて来ません。結局、その日は夕方頃に一組の小さな兄妹がベルを鳴らして両手に持ちきれないほどのお菓子をもらって行っただけで、他には誰も来ず。ちょっと肩すかしを食らったような感じで、正直ガックリしてしまいました。


翌日、職場の先輩たちにそのことを話すと、「あなた何処に住んでいるの」と訊かれ、「コンドミニアム」と答えたら、「それなら子供たちなんか来るわけないわ。だってセキュリティー・チェックがあるから、外から誰も入れないもの」と大笑いされてしまいました。確かに警備の人がいつも敷地のゲートの所に立っていて、構内に入る車や人をすべてチェックしています。言われてみれば納得ですが、どうやら新人をいっぱい引っ掛けてやろうと、必要以上に大げさに子供たちの悪戯の怖さを強調したのが真相と分かりました。正に本番前にTrickされてしまったわけです。


そして後に分かったことですが、『Trick or Treat』が文字通り良き風習として残っていたのは、あくまで古き良きアメリカの時代まで。管理人が渡米した頃には、既に都市部の治安が益々劣悪化し、犯罪も一段と凶悪化しており、たとえ明るい時間帯とはいえ、子供たちだけで見ず知らずの他人の家を訪問するのは危険過ぎるとして、その風習自体が全米的に無くなりつつあったのです(もちろん地域によっては根強く残っているところもあると思います)。本当残念な話ですよねぇ。






ハロウィーンに相応しい音楽と言えば、こちらで初めてご紹介しましたのが、「真夜中のイサベラ」。(2007年10月28日の記事) でも今日は、全く違う曲をご紹介致しましょう。


フランスの作曲家アドルフ=シャルル・アダン(Adolphe-Charles Adam, 1803 - 1856)のバレエ作品「ジゼル Giselle」(1841年初演)です。2幕もののストーリーを簡単にご紹介しますと(ウィキペディアから抜粋)・・・


第1幕

生まれつき心臓が弱いけれど踊りが大好きな娘ジゼルが暮らしている村に、ある時貴族であるアルブレヒトが身分を隠してやって来る。ロイスという偽名を使って近づき、ふたりは想いを通わせるが、ジゼルに恋していた村の青年ヒラリオンは面白くありません。彼はアルブレヒトが小屋に隠していた衣装や剣を見つけ、村の青年ではないことを確信して、その剣を持ち出す。

ある時、ジゼルの村にアルブレヒトの婚約者、バティルドの一行が狩の途中に立ち寄る。村娘ジゼルとバティルドはお互い結婚を控えているもの同士として仲がよくなる。その後、ヒラリオンが持ち出した剣により、アルブレヒトの身分が暴かれてしまう。アルブレヒトは混乱するジゼルを必死になだめようとするが、ヒラリオンは更にバティルドと公爵を連れて来る。もはや誤魔化しようのなくなったアルブレヒトは、公爵に礼を執り、バティルドの手にキスをする。それを見たジゼルは狂乱状態に陥り、母ベルタの腕の中で息絶えてしまう。ヒラリオンとアルブレヒトは互いの行為を責め合うが、村人たちやベルタに追い出されるようにアルブレヒトは退場する。


第2幕

森の沼のほとりの墓場。ここは結婚を前に亡くなった処女の精霊・ウィリたちが集まる場所である。ジゼルはウィリの女王ミルタによってウィリの仲間に迎え入れられる。

ジゼルの墓に許しを請いにやってきたヒラリオンは、鬼火に追い立てられる。ウィリたちは夜中に迷い込んできた人間や裏切った男を死ぬまで踊らせるのである。ウィリたちがヒラリオンを追う間、ジゼルを失った悲しみと悔恨にくれるアルブレヒトが彼女の墓を訪れ、亡霊となったジゼルと再会する。

ヒラリオンはウィリたちに捕らえられて踊らされ、休むことを許されず力尽き命乞いをするが、ミルタは冷たく突き放し、死の沼に突き落とす。次にミルタはアルブレヒトをも捕らえ、力尽き死に至るまで踊らせようとする。アルブレヒトが最後の力を振り絞り踊る時、ジゼルはミルタにアルブレヒトの命乞いをする。そのために時が過ぎ、やがて朝の鐘が鳴り、朝日が射し始める中、ウィリたちは墓に戻っていく。アルブレヒトの命は助かるけれど、ジゼルは朝の光を浴びてアルブレヒトに別れを告げて消えていく。



原作台本は、フランスの詩人・劇作家であるピエール・ジュール・テオフィル・ゴーティエ (Pierre Jules Théophile Gautier,1811- 1872)によっています。今では知らぬ人がいないチャイコフスキーのどのバレエ作品よりも歴史は長く、謂わばバレエ作品の古典中の古典です。アルブレヒトによるジゼルに対する愛が実は本物なのか、あるいは単なる貴族のお戯れであったのかの解釈によって振付などが変わり、今日まで様々なバレエ団が趣向を凝らした公演を繰り返しています。共通しているのは、第1幕では、現世の村の情景なので、質素だけれどカラフルな衣装と舞台背景を採用し、第2幕では夜の墓場が舞台ですから、青白いトーンに統一して死霊の世界であることを明確に区別している点でしょうか。倒れるまで踊り続けさせられる男性ダンサーの力量が公演の成否を左右する、(そして特に浮気な殿方たちにとっては)とても怖い怖い作品です。音楽が大変素晴らしいことにも、是非ご注目下さい。


第2幕終盤の見どころシーンはこちら。↓





全曲をというお方には、こちらを。↓





スポンサーサイト

プレミアム・エコノミー
LAF8


先日、エールフランス航空のプレミアム・エコノミー席によるフライトを初体験しました。チェックインしようとしたら、どうやら購入していたエコノミークラスがオーバー・ブッキングのようで、エコノミークラスのお客様の何人か分をプレミアム・エコノミー席に振り替えなければならないとの説明が。。。 そのため、通常なら〇万円でアップグレードできるところを、その半額で受け付けますとのこと。


こちらは別にエコノミーの席で良いので、「結構です」と返答しましたら、どうやら本当に席がないらしく、ややたどたどしい日本語で(中国系の地上勤務員さんでした)、しきりにプレミアム・エコノミーをと薦めて来ました。こちらは、「エコノミー席が足りないのは分かりました。しかし、そちらのご都合で座席がないのなら、無料でアップグレードしてくれるのが通例ですよね」と言ってみたものの、「あいにく今日のフライトはビジネスクラスが満席で、このプレミアム・エコノミーの座席しか空いていないのです」との返事。半額とはいえ、こちらの希望でもないのに予想外の出費は痛いので、上の会話を繰り返し、堂々巡りでらちが明かなくなってしまいました。


結局、打開策として自分の持っているマイレージでアップグレードするのはどうかという話で決着することに。もっとも、その必要マイル数を半分にしてくれるのかと思いきや、「それは認められません」とにべない返事。再び膠着状態に。押し問答していても他のお客様に迷惑になりますから、結局こちらが譲って先方の言う通りのマイルを使ってプレミアム・エコノミー席を押しつけられた形になってしまいました。何だかうまく誤魔化されたような感じで、今でも納得はしていないんですけど・・・。


と、このようないきさつで、プレミアム・エコノミー席の初体験です。皆様既にご存知のように、座席はこんな感じです。↓


LAF9


正にエコノミークラスとビジネスクラスの中間でしょうか。リクライニングすると、背もたれが後ろに倒れるというよりは座席全体がずれ下がり、それで結果として身体が少し延ばせるという感じ。フットレストがあって、それが写真にあるくらいまで上がるので、それで身体が少しは楽になります。その他、パーソナルライトで手元を照らすこともでき、座席の幅もエコノミークラスよりも幾分か広い感じです。


LAF4


上記のように、座席自体は確かに幾分か上級感はあるものの、食事(夕食)などはエコノミークラスと同じです。違いは、テーブルがちょっとだけ広いことでしょうか。(^_^)


LAF5


2回目の食事サービス(朝食)がこちら。↑ 美味しかったですが、見た目通りで特別変わってはおりません。


LAF6


ちょっと変わっている点と言えば、プレミアム・エコノミークラスのお客様限定に配られるアメニティー・グッズとポシェット。赤い矢絣(やがすり)柄のポシェットが小物入れ代わりに使えるかしら。


LAF7


それと夕食後、配られた白い円錐形の容器が何かと思ったら、中身はこのようなスィーツの類が入っていました。


以上のように、プレミアム・エコノミーの席、確かにエコノミークラスより少々上のクラスであることだけは間違いありません。しかし、どうでしょうか。〇万円を払うだけのものかと改めて思い直してみたら・・・。皆さんでしたら、如何ご判断なさいます?






プレミアム・エコノミーの話はここまでとして、久し振りに生コンサートのチケットを予約ポチしちゃいました。ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団によるフォーレ、ベルリオーズ、ラベルなどフランス物中心のコンサート。未だちょっと先の話ですが、世界でも屈指の音響効果抜群のホールにおける華麗なコンセルトヘボウ・サウンド。こちらは紛れもなく超プレミアムクラスの演奏が期待できそうです。自分へのプチ・クリスマス・プレゼントでもあります。コンサートの感想は、やがてこちらのブログでご報告するかも。。。


ガブリエル・フォーレの管弦楽組曲「ペレアスとメリザンド Pelléas et Mélisande」 Op. 80 (1898年作)





ちょっと一服
NKMD1




仕事があまりに忙しくなると、ちょっと現実逃避したくなったりして。


そんなわけで、ちょっと一服。


これまでも時折ご紹介して来た北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)の音楽や舞踊の動画が、最近かなり削除されてしまいました。未だ残っているものから、お気に入りのものを幾つかご紹介しますので、ご一緒に如何ですか。


昨年8月に起きた例の事件が契機となって解散させられて、今はわずかにネット上でしか観ることが出来ない旺載山軽音楽団(ワンジェサン芸術団)による貴重な動画です(4つ目だけ再掲)。シンクロの度合いが半端ないです。















ひざがわり
LAF1


パリのシャルル・ド・ゴール空港内ターミナル2E にあるラウンジルームの奥の方にある休息コーナー。


LAF2


もっと身体を横にしたい時には、このようなフラット・ベッドも。長いフライトでひざや腰が痛い時、あるいは出発便や乗り継ぎ便までたっぷりと待ち時間がある時は、こうした空間があると助かります。


アムステルダムのスキポール空港内、ターミナルFの近くにあるラウンジルームにも奥の方にこのような横になれる休憩室があって、ちょっとした仮眠が出来ます。入り口が分かりずらいので、意外とその部屋があることをご存知ない方も多いみたいです。ガラスの壁のように見えるところを押すと、その空間になっています。難点は、発着のアナウンスが無く、とても静かなのは良いのですが、照明が落としてあるため、つい熟睡して乗り遅れてしまう可能性があることでしょうか(笑)。それと、お部屋の温度が低目にコントロールされているので、コートとか何かを羽織っていないと寒くて眠れないことでしょうか(案外これが乗り過ごし防止策だったりして・・・)。





AFL3


先日利用した時の早朝(午前4時頃)のシャルル・ド・ゴール空港ターミナル2EゲートK付近。日中なら人でごったがえしている筈のホールに全く人の姿が無くて、ちょっと怖いくらいでした。世界のあちこちに出掛けると、いろいろな体験が出来るものです。





話は変わりまして、これも先日機内で鑑賞した映画の話題です。上映館で観たとかいう新作のお話でなくて恐縮ですが、とっても面白くて、それでいて最後は思わずホロりとさせられて、ここにご紹介させて頂きたいと思いました。多分ロードショーとかは終了していると思いますので、テレビなどで放映がある時か、DVDでのご鑑賞をお薦め致します。


作品は、落語の前座修業について9年と5ヶ月間。その間、二つ目への昇進も後輩たちに追い抜かれ続ける、とある冴えない前座さんの楽屋での1日がテーマです。こちら↓をご参考までに。


http://tokyo-teyandei.com/


いろいろな俳優さんたちが、入れ替わり立ち替わり個性豊かな芸人さんを演ずるのですが、まるで本物の噺家や色もの師であるかのように見えてくるのが、如何に御商売とはいえ実に見事です。寄席の世界についてあまりご存知ない方にも、かなり実像はあんな感じなのではないでしょうかとの説得力があり、神田祐司監督が撮った初作品とはとても思えない程に上出来です。ピア初日満足度ランキング第1位!というのも納得です。


この映画は、寄席の番組進行についての予備知識があれば、より深く楽しめると思うのですが、その中で一つ「ひざがわり」という言葉について、今日はご紹介がてら注目してみましょう。


通常、寄席の番組は前座さんたちから始まって、次に二つ目、そして真打ちの登場となります。途中で入る休憩を「仲入り」と呼びます。相撲でもありますね。「仲入り」は「中入り」と書いても間違いではありませんが、「人が中に入るように」と「仲入り」と書くのがよろしいようで・・・。お客様商売ですから。。。


仲入り直前やその日の興業の最後に登場する真打ちの噺家などを主任と呼びます。いわゆる「トリ」ですね。このトリが出演する直前の役割を務めるのが「ひざがわり」です。一般にトリの演目は落語のことが多く、大御所の噺家さんが時には30分以上のネタをご披露しますから、その前に同じような落語が連続すると少々飽きてしまう恐れがあります。それでお客様の目線を少しずらして変化をもたせ、次のトリの噺家さんがやり易いようにするのがこの「ひざがわり」の役目で、髪切りやら音曲やら奇術など立ち役の芸人さんが務めることが多いです。


この「ひざがわり」は、次の「トリ」を引き立てるのが本来の役目ですから、あまりやり過ぎてもいけなく、その場の空気を読んで場合によっては時間調整の必要などもあって、真の実力がなければ務まりません。もちろん前座が「ひざがわり」を務めるなぞということはないわけです。師匠である小松政夫が演ずる噺家のトリが弟子(ノゾエ征爾が主演)に向かって、「俺のひざがわりを務めてこい」と命じるのは、その時点で前座から二つ目に昇進したことを意味しているわけなのですね。


他に下座(げざ)のお囃子音楽として三味線弾き役の黒田福美さんや独楽廻し役の村木藤志郎さんなどなど、登場する皆さんの板に付いた演技が光っています。







さてさて、ここまで、まるで生前の立川談志さんによる高座のように長い枕を振りました。本題に入りましょう。クラシック音楽のコンサートで「ひざがわり」に近い役割の人物と申しますと、トリとして大曲の交響曲を振る指揮者の前に登場する協奏曲のピアニストやヴァイオリニストがそれに当たるのではないでしょうか。


もちろん、ソリストたちが真打ちに値しないという意味ではありませんので、誤解がありませぬように。ブラームスの第2Pコンや、ラフマニノフの第3Pコンのような大曲を大御所のピアニストが弾く場合なら、それだけでトリになりますが、一般的に多くのコンチェルトは序曲や組曲のような短めの曲の次にプログラムされています。後ろに大真打ちが控えているような状況下で、拍手喝采を得なければならないのですから、大変です。それでも寄席と違っているのは、トリを食ってしまっても構わないのですから、そこがちょっと異なるでしょうか。


本日は、「ひざがわり」の作品をご紹介しましょう。やがて色光ピアノを採用することを企図した交響曲第5番「プロメテ−火の詩」を作曲したロシアの作曲家アレクサンドル・ニコラエヴィチ・スクリャービン(1872-1915)が若い時に作ったピアノ協奏曲嬰ヘ短調 Piano Concerto in F-sharp minor, op. 20 (1897年作)です。同じ色ものでも、これはなかなか出色な作品です・・・なーんて言ったりして。(^_^)  


お後がよろしいようで。





アイリッシュ・パブ
IPD1


管理人は日本などからお客様がある時だけはレストランで食事をご一緒致しますが、普段は至って出不精。夕食はほぼ毎日自分で調理し、一人で戴いています。稀にお客様をご招待する例外を除いて、食卓につくのは大概自分独りだけ。従ってメニューはいつも至って簡単で、焚いたご飯に、おかずは在り合わせの材料で作った一品か精々二品まで。それにこれも自分で作った漬物が加わる程度です。それで十分満足なのですが、たまに妙に人恋しくなることがあることは事実です。


そんな時にすることと言えば、日本の知人に電話したり、ネットでYouTubeなど動画サイトを覗いてみたり。TVを点けることもありますが、それはどちらかと言えばニュースを見るためで、リラックスしたい時にはやはり音楽を聴くことになります。本来であれば、お洒落な雰囲気のパブなどで、軽い飲みものを前に気のおけない友人かパートナーと一緒に過ごすのが一番良いのでしょうけれど、日本から遠く離れた異国にあってはそれも容易ではありません。





そのようなわけで、久し振りにChris Newman & Máire Ní Chathasaigh によるアイリッシュ・ミュージックを聴いて自分で元気付けることにしました。このコンビ、実は元々はイギリス生まれのギタリストとアイルランド生まれのアイリッシュ・ハーピストとして1980年代半ばに各々別々にソロ演奏のアルバムを出しています。ところが、1988年に発売された初のデュオ・アルバム「The Living Wood」が大人気となり、それが縁となって以来今日まで、2人は様々な舞台で共演しています。


どんな雰囲気の演奏か、ちょっと聴いてみましょう。





こんな終生のパートナー(私生活でどうかは存じませんが)に恵まれたら、人生はとても楽しいでしょうね。


2人の記念碑となるCDはこちらです。↓


LWIM1


Copyright © クラシック音楽の深い森. all rights reserved.