FC2ブログ
一度踏み入ったら出口の全く見えない音楽の深い森。森の中を彷徨い歩く内に出会った神々と妖精たちのお話です。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コルベ神父
FMK1


もうすぐクリスマスです。本日は、とあるカトリック神父について取り上げてみたいと思います。


かれこれ8年程以前の当ブログ記事ですが、こんな記事を覚えている方はいらっしゃるでしょうか。「アリの町のマリア」と呼ばれた北原怜子さんに関して書いた2008年1月23日の記事です。怜子(さとこ)さんが初めてキリスト教に出会ったきっかけとなったポーランド人の修道士とは、一般にゼノ神父(Zenon Żebrowski、1891- 1982)と呼ばれていますが、正しくはコンベンツァル聖フランシスコ修道会の修道士になります。ゼノ修道士は1930年、彼が29才の時、他に4人の修道士の仲間たちと共に来日。以来、他界するまで全国各地を周りながら布教活動を続けますが、今日では東京下町にあったバタヤ部落、通称『蟻の街』を支援したことで、知る人ぞ知る存在になっていると思われます。


実は、本日の主人公は、この時ゼノ修道士らと一緒に来日したメンバーの一人であるコルベ神父(修道士)(Maksymilian Maria Kolbe、1894- 1941)です。コルベ神父は、当時ロシア帝国の属国としてその支配下にあったポーランドに生まれました(出生後の名前はライモンド・コルベ)。織物職人であった父ユリオ・コルベ氏も熱心な信者で、フランシスコ会のリーダー的存在でしたが、その愛国心の強さからポーランド独立の義勇軍に参加し、その結果ロシア軍に捕らえられ、1914年に処刑されています。


1907年、ライモンドが7才の時、兄フランシスコと共にコンベンツァル聖フランシスコ修道会への入会を決め、現在はウクライナ領内にある神学校に入学します。とりわけ数学の才能が並外れて優れており、司祭になるのは惜しいと担当した数学教師に言わしめたほどの俊才であったようです。マキシミリアンの名前は、この神学校時代に与えられ、更に1914年にローマで学ぶようになってから、聖母マリアへの崇敬を示すためにマリアの名前を付け加えるようになりました。


コルベ神父の布教活動として先ず最初に挙げられるべき功績は、1922年に『無原罪の聖母の騎士』(Rycerz Niepokalanej)を執筆・出版したことでしょうか。この後、ゼノ修道士と出会うことになり、一緒に来日することになりました。冒頭の絵の中でコルベ神父が日本語の本を抱えているのは、その本が日本語でも出版されたことを表しています。彼の人生については、次の動画に詳しく紹介されていますので、どうぞこちらを。





マキシミリアン・マリア・コルベ神父の名前が恒久のものとなった一連の出来事。それが上の動画の最後の方で語られています。英語がよく分からない方、あるいはそんな動画をゆっくり見ている時間など無いと仰る方のために、簡単に要約致しますと・・・


1936年、コルベ神父は中国や日本、インドでの活動を終えポーランドに帰国し、東洋への旅立ちの前に自らが創立したニエポカラノフ修道院(無原罪の聖母の騎士修道院)の院長を務めながら活発な布教活動を続けます。しかし、何という不運でしょうか。時あたかもヒットラー率いるナチの力が益々増大しつつある時代であり、1939年には到頭ドイツ軍がポーランドに侵攻。日頃、彼の活発な布教活動をよく思わなかったナチによって彼はたちまち逮捕拘束されてしまいます。3ヶ月後に一旦は釈放されますが、その時には修道院は病院となり、ユダヤ人もカトリック教徒も分け隔てなく看護したことがナチを激怒させ、1941年月に再び逮捕。彼自身は祖先がボヘミアの移民であり、決してユダヤ人であった訳ではありませんでした。しかし、『無原罪の聖母の騎士』がナチに対して批判的であったこと、上記をのことを含めてユダヤ人を擁護する姿勢などから、弾圧の対象になったものと思われます。神父は、初め別の収容所に収監されますが、やがてアウシュビッツの強制収容所に移送されることになりました。


1941年の7月のある日、収容所から脱走者が出るという事件が起きました。この結果、見せしめのために収容者から無作為に10人が選ばれ、餓死刑に処されることが収容所の責任者によって決定されることに。この10人の中にいたあるポーランド兵が思わず嘆いて漏らした一言「かわいそうな私の妻、そして子供たちよ。彼らは一体どうなってしまうのか・・・」を聞いたコルベ神父は、人選を命令したドイツ軍将校の前に進み出て、「私はカトリックの司祭で、独り身です。どうか私を彼の身代わりにして下さい」と申し出ました。


この将校は、神父の申し出を受け入れ、神父ら10人が餓死刑に処せられることになりました。通常、このような刑が科されると受刑者は精神錯乱状態の中で死に至るらしいのですが、この時の神父は全く取り乱すことなく、他の受刑者らを励まし続けたため、牢内から聞こえる祈りと歌声によって、それはまるで聖堂のようであったと、その当時時折牢内の様子を見に行っていたある人物による証言が残されています。結局、餓死刑が科されてから2週間後、コルベ神父を含む4名(注. 上の動画では最後の1人とナレーションが入っている)にはまだ息があったため、最終的に薬物によって殺害されることになりました。1941年8月14日。享年47。今日、アウシュビッツの聖者と呼ばれることになった所以です。アーメン。






このコルベ神父をテーマとした特別な音楽があります。ポーランドの作曲家ヴォイチェフ・キラール(Wojciech Kilar、1932- 2013)が1994年に書き上げた交響楽団のための「Requiem Father Kolbe」がそれです。この音楽は、1998年制作のアメリカ映画「The Truman Show」の極めて印象的なラスト・シーンに採用され、そちらのサウンド・トラックの音楽として、より有名となりました。


非常に暗澹とした雰囲気から始まり、途中に何度かまるで息を止めるかのように休止を繰り返しながら、その重圧感が益々のしかかるように増加して行きます。しかし、不思議なことに最後は魂の浄化(あるいは昇華と言っても良いかも知れません)を迎えたかのようにエンディングする感動の音楽です。





スポンサーサイト

異次元の世界
HYGP1



HYGP2


羽生結弦選手、グランプリファイナル世界最高得点で3連覇!


スゴイものを見てしまいました。 わずか2週間前に前代未聞の最高得点を出し、自らそれが大きな壁(プレッシャー)となることを予言していながら、ショート・フリー共にそれ以上の出来栄えを達成し、合計330.43という驚異的な得点を出しての圧倒的な優勝です。まるで異次元の世界を現実に見させて頂いたような感じです。本当におめでとうございます。


それにしても、このGPシリーズのファイナル大会。日本人選手が男女5人も参加したなんて、同じ日本人としてこんなに誇りに思うことはありません。しかも宇野選手、宮原選手といった若い世代が、世界に伍して堂々と戦い、それぞれの魅力をアピールしていました。ともすると言い訳ばかりで逃げにかかろうとする自分に、激しい叱咤と激励のメッセージを頂いたような気がします。勇気と自信を持ってチャレンジすることの重要性を、改めて再認識させて頂きました。羽生選手、そしてその他の出場選手たち、本当に有り難う、そしておめでとうございます。



「大雪」過ぎて
SPD2


暦の上では「大雪」(12月7日)も過ぎて、師走の真っただ中。相変わらず当管理人、ロシア上空の往復を含めて世界中を走らされています。眼下を眺めると、シベリアの大地はすっかり雪の装いです。


世間(日本の)ではボーナスが既に出たとか、出ないとか。給与体系が違うので、私には関係なし。年末だからって、何も良いことはありません。ただただ忙しいだけ。この1ヶ月余り、土日もほとんど休まず、マジでその間に徹夜を数回致しました。もちろん仕事の上です。元々超過勤務と時差ボケには慣れっこの身体ですが、流石にきつかったです。昨日、一連の過密スケジュールの最後を飾る(?)気が重かった任務を終え、ようやっと束の間の休息時間を得ることが出来ました。


SPD3.jpg


これは何かのオブジェなのでしょうか? ジェットコースターのレールだったら乗ってみたいな。。。


そして、時々こちらでもご紹介しているお気に入りの和菓子を手に入れました。沸かしたお湯を適温までゆっくりと冷まして淹れたお煎茶と共に頂きます。生き返った心地がする至福の瞬間です。


SPD4


この1ヶ月余り、パリのテロ(この影響でパリ市内の散策を安心して出来なくなってしまいました)やトルコによるロシア機の撃墜、日本では普天間基地の問題、マイナンバーの導入、そして消費税アップに伴う軽減税率の問題など、一言も二言も述べておきたい事件や事象が山ほどありましたが、とにかく目先の仕事に追われて、それらについて書く余裕もないまま時間だけが流れていった感じです。少しだけコメントしておきますと、昨日のニュースによれば、食料品の軽減税率問題に関して、公明党と自民党の攻防の結果、どうやら外食まですべて対象になるとかならないとか。1兆3千億円分の財源を一体どうやって捻出するのでしょうか。根拠に基づく議論は吹き飛んで、結論だけが突然飛び出して来た。そのような印象です。そんなお金があるのであれば、そもそも消費税を10%に上げる必要があったのでしょうか。あれよあれよと思う内に押し進められた、沖縄県民の気持ちを平気で踏みにじる代執行に最もよく表れていますが、今の官邸には一般国民の理解を得ようとすることなど、全く眼中にないように思えます。その強制的な姿勢が顕著に表れたのは、安保法案の強行可決が始まりでした。


管理人が思いますに、今回の公明党への歩み寄りは、決して妥協や譲歩の産物ではなく、元々密かに予定されていたシナリオ通りではなかったかと。つまり、ここで公明党の主張に押し切られたふりをして、来年の参院選での与党の圧勝を確定的なものとし、その上で憲法改正に持って行く。これが真のねらいに違いありません。改めて国民の皆さんに問い掛けたいです。目先の消費税の僅かな損得に惑わされて、国の将来という最重要な課題の決定権を、ごく一部の人たちに任せても良いのでしょうかと。


この道はいつか来た道。平和ボケの皆さん。今、日本の政治社会の世界で行われている一つ一つの施策は、すべて国民を盲目的に服従させようとするものであることに早く気がつくべきです。マイナンバーの導入は、その好例と言えるでしょう。





心が安らぎを求めている時、エストニアの作曲家ペルト (Arvo Pӓrt, 1935-)の音楽は実にしっくりと耳に入って来ます。1988年作の「Festina Lente」。




Copyright © クラシック音楽の深い森. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。