FC2ブログ
一度踏み入ったら出口の全く見えない音楽の深い森。森の中を彷徨い歩く内に出会った神々と妖精たちのお話です。

伯爵夫人
LRC1


未だ女性が社会進出することが難しかった19世紀のイギリス・ビクトリア朝時代、作曲の分野で草分け的存在となったアリス・メアリー・スミス (Alice Mary Smith, 1839-1884)について2012年5月19日の記事で取り上げました。


ほぼ同じ頃、当時としては類稀なる才能を発揮して自身が指揮するオーケストラまで組織し、ほぼ定期的な演奏会まで行っていたもう一人の音楽的逸材について今日はご紹介したいと思います。彼女の名前はヘレン・マチルダ・チャップリン (Helen Matilda Chaplin, 1846-1929)。1866年、彼女が20才の時に後に(1889年に)ウェールズ地方のRadnorshire郡の第5代伯爵としてその地を治めることになるWilliam Pleydell Bouverie (1841-1900) と結婚したことにより、最終的には伯爵夫人となりました。一般にはLady Radnorとして知られています。


Helenは音楽とガーデニングに特に才能を発揮したようで、夫が子爵の称号をもらっていた結婚直後の頃より女性弦楽器奏者からなる楽団を組織し、これが後にLady Radnor's Bandとなり、1880年代から90年代にかけてロンドンや地方の町々で様々な作品を演奏した記録が残っています。


彼女が英国音楽史の中で記憶されているのは、こうした時代に先駆けて行った数々の業績と共に、彼女の名前が冠された作品が実際に残っているからでもあります。その作品とは、「Lady Radnor's Suite」。彼女が楽団で演奏するためにと、当時英国音楽界では名前が広く知られた代表的作曲家パリー (Sir Charles Hubert Hastings Parry, 1848-1918)に作品を委嘱し、その結果1894年に出来上がった弦楽オーケストラのための全6楽章から成る演奏時間15分程度の小品です。英国音楽と言えば、「弦楽オーケストラ」と言われるくらい有名なジャンルであり、事実エルガー、ヴォーン=ウィリアムズ、ブリッジ、フィンジらが後に数々の名曲を残しましたが、実はその嚆矢ともなった作品がこの曲なのです。パリーは、今日英国音楽の代名詞とも言われる弦楽オーケストラという新しい伝統が確立する以前に活動した作曲家であり、その意味では時代の限界という悲運を背負った作曲家でもありました。5つの交響曲を始め数多くの作品を残しましたが、その多くは当時ヨーロッパ大陸で2大潮流となったブラームス、ワーグナーらの音楽の内、特に前者の影響を多分に感じさせるものであり、結果として評価がいまいちに留まらざるを得なかったわけです。しかし、この「Lady Radnor's Suite」の作品がその後の英国音楽伝統の先駆けとなったことを思えば、パリーについてはもう少し再評価されても良いのではと管理人などは思っています。種々の演奏がYouTubeにアップされています。一応のお勧めはこれになるでしょうか。






スポンサーサイト

Queen Symphony
QSY1


皆様、今年2月以来お久し振りです。
いつまでも平昌オリンピックの記事のままでは・・・とは思いながらも、体調もさることながら、多忙で記事を書いている余裕が全くありませんでした。実は当ブログ管理人の仕事上の所属先が4月から新しい機関へ変更となったことも大きな原因の一つです。


とは言え、仕事内容にあまり変わりはなく、つい先日も広大なビクトリア湖の上(上の写真)を飛びました。熱帯から亜寒帯まで、この半年間に既に20万km以上は飛行機で移動したでしょうか。


お休みの間に米朝両国首脳によるシンガポール会談を始め、様々な出来事・事件が国内外で多数起きましたが、それぞれに思うことは沢山あります。しかし、ここでそれらについて述べても今更の感が無くもなく、ある意味では大きな進展を見せたようで、実質的に何も現在と変わっていないのではという気も致します。ここでは、各国首脳たちの横柄な自国の利益だけを優先する見かけだけのパーフォーマンスには、落胆と同時に怒りすら覚えるとだけコメントしておきましょう。特に某国の首相。隣国にからんだ諸問題解決に際して国際社会の動きから完全に取り残されているのは明らかにも拘わらず、その経済的(経費)負担だけは容認すると発言するなど、国の代表として恥ずかしい限りです。しかも首相の地位に居座りを決めていて、それを周囲が認めざるを得ないという状況は残念でなりません。





さて、そんなに連日忙しくて趣味の音楽など聴いている暇はあるのかとの問いに対しては、その時間が相当制約されていましたと正直に申し上げます。今年に入ってCDの購入数も激減し、コンサートへもほとんど足を運べませんでした。


そんな中、就寝前などにヘッドフォンで聴くお気に入りの1枚を今日はご紹介します。「Queen Symphony」。ビクトリア湖と言えば、ビクトリア女王。そのつながりでの紹介ですと言えば、いささかこじ付けの感もありますけれど、しかし、音楽的には大変好感を持っています。ちょっとPaul McCartoneyの作品、交響詩「Standing Stone」(2008年10月19日の記事)に対する印象に近いものを感じます。イギリスのロック・グループ「Queen」の原曲名曲の数々を元に、トルコ=キプロス系イギリス人作曲家のTolga Kashif氏 (1962-) が2002年にクラシック音楽風にアレンジしたコーラス付きの全6楽章から成る大曲です。全体的にスローな曲調の楽曲に仕上がっており、感動的な盛り上がりも其処彼処にあります。ロック音楽など関心がないと仰るクラヲタのオジサン世代に特に聴いて頂きたいと思います。


CDとしては、一般的にRoyal Phailharmonic Orchestraと作曲家自身指揮による演奏がお勧めです。しかし、Henrie Adams指揮、‘La Artistica’Buñol Symphonic Band演奏、Orfeon Universitario de Valencia合唱によるものも、なかなか迫力があって管理人としては甲乙付け難しです。どちらかを店頭で見つけられたら、即買いをお勧め致します。





Copyright © クラシック音楽の深い森. all rights reserved.