FC2ブログ
一度踏み入ったら出口の全く見えない音楽の深い森。森の中を彷徨い歩く内に出会った神々と妖精たちのお話です。

ノートルダム大聖堂
EMNC11
セーヌ川のボートから見上げるノートルダム大聖堂(2011年3月)


仰天のニュース、4月15日夜から翌朝にかけてパリのノートルダム大聖堂が大炎上。尖塔や屋根が完全に燃えて崩落。


突然の出来事に暫く声を失いました・・・。


パリは当ブログ主にとって極めて馴染み深い街の一つであり、無論この大聖堂にも何度となく訪れています。これから当分の間、ひょっとすると生きている間に再びその優美な姿を目にすることは出来ないかと思うと、本当に心が痛みます。


思い返して見れば、この余りにも世界的に著名なモニュメントについて、不思議とこのブログでは未だ一度も取り上げてはいませんでした。いつもそこに凛と建っている不朽の存在として余りにも身近か過ぎていたからかも知れません。


本日は、普段読者の皆様がご覧になったことが無いであろう早朝のノートルダム大聖堂とその周辺の写真をお見せしながら、永遠の記憶としてブログ主の心にも残したいと思います。


EMNC2


撮影は、とある冬の早朝、未明のひと時。セーヌ川の灯りがノスタルジーを誘って美しいです。


EMNC3


EMNC5


ノートルダム寺院直ぐ脇のカフェの朝は早く、陽が昇る前から開いています。ここでちょっと一休みするのが大好きです。注文するのは、勿論エスプレッソ!


EMNC6


EMNC7


早朝なので、未だ殆ど観光客も居なく、極めて厳かな気持ちになります。


EMNC8


EMNC10


聖母マリアと幼いキリスト像。十字架のキリスト。キリストの受難は永遠に続くのでしょうか。


EMNC1


外がようやく明るくなり始めた頃のノートルダム大聖堂。この姿がもう見れないかと思うと胸が張り裂けそうです・・・






今日の音楽。もうこの人しか思い浮かびません。フランスの作曲家・オルガニスト、ルイ・ヴィエルヌ (Louis Victor Jules Vierne, 1870-1937)。ヴィエルヌはセザール・フランクに音楽の才能を見出され、パリ音楽院への入学を薦められました。しかし、1890年に入学後間もなくフランクが急逝したため、1894年音楽院を修了するまでシャルル=マリー・ヴィドールに指導を受けます。
そして1900年、 到頭オルガニストにとって最高のあこがれの地位であるノートルダム大聖堂のオルガニスト奏者に指名され、彼が没するまでその地位を守りました。ところがヴィエルヌが在任当時、ノートルダム大聖堂のパイプオルガンは老朽化が進んでいたため、常に修復が必要な状態であり、その修復資金を集めるためにヴィドールと共にヨーロッパ中は無論のこと、アメリカにまで演奏旅行を行うことになりました。その御蔭もあって1932年、ようやく修復が完了、再びヴィエルヌは大聖堂で演奏をすることが出来るようになったのです。彼がノートルダム寺院で行った演奏会は、何と通算1750回。その最後の演奏会は1937年6月2日であり、当日のプログラムを弾き終えて結びの即興演奏を披露している最中に突然倒れ、そのまま絶命したという劇的なエピソードについては本ブログでも以前ご紹介したことがあります。(2010年9月5日の記事


大聖堂の一日でも早い修復を願って、ヴィエルヌの交響曲第1番。前の記事では第6楽章のみが聴こえるようにアップしておりましたが、現在ではリンクが途切れていますので、改めて全曲が聴けるサイトに連結するようにしました。




スポンサーサイト

古都の桜
SOK1


記事の更新がままならない内に、桜前線がドンドン北上中とのニュースに今年はお花見らしい花見をしていなかったことに気がつきました。とは言え、東京周辺はとっくに散ってしまいましたので、それよりは開花が遅い京都の桜を見に行って来ました。と言いましても、1週間前のお話。直ぐにアップすれば良いものを、何かと慌ただしく、今日になってしまいました。本当に済みません。しかし、訪れた時のお天気は快晴。桜が本当に美しかったです。もう2,3日後でしたら、こんなに綺麗ではなかったことでしょう。


今日は只管その時に撮影した写真をご披露することに致しましょう。所々に最近SNSなどで話題のスポットの写真が交じっています。市内の何処を散策したかは、言わずもがなです。


SOK2


SOK3


SOK4


SOK5


SOK6


SOK8


SOK7


それにしても外国人の観光客の多さにビックリしました。ここで写真をお見せすることは遠慮しましたが、特に和服をお召しの女性グループやカップルが思いの外多かったです。すれ違った観光客の内、約8割が外国人だったのではないでしょうか。言葉から判断して、その大半は中国や台湾からの来訪者。しかし、中には東南アジアからと思しき観光客も少なからず。もちろん欧米からの来訪者も沢山いらっしゃいました。しかも皆さん、日本人?と思えるほどに和服の着こなしがお上手で、きっと素晴らしい記憶と記念になったことでしょう。近頃は和服レンタル屋さんの数も格段に増えているようで、揃えている和服の質・量や柄の多彩さ、そして着付けの技術など、ひと昔前とは雲泥の差です。


満開の桜を堪能し、(写真はありませんが)美味しい京料理も戴きました。気分的にだいぶリフレッシュしましたので、明日からまた頑張れるような気が致します。






さて、今日の音楽、折角日本の最も美しい季節の風物に触れて来ましたので、邦楽から長澤勝俊 (1922-2008) 作曲 『春の一日』 (1997年作) を聴いてみましょう。







Copyright © クラシック音楽の深い森. all rights reserved.