一度踏み入ったら出口の全く見えない音楽の深い森。森の中を彷徨い歩く内に出会った神々と妖精たちのお話です。

裸の島
NI1


一昨日、進藤兼人監督が天寿を全うされたとのニュースを知りました。つい先月満100才のお誕生日を迎えたと、これもネットで知り得たばかりでしたので、いよいよ天に召されたかとの感慨もさることながら、ビックリしたというのが正直な感想です。と言いますのは、実は偶然のことながら、この監督の作品を次回ブログで取り上げようと内心決めたその直後にこの訃報を知ったからです。虫が知らせたというのでしょうか。慎んでご冥福をお祈り申し上げます。


以前このブログ内のどこかで書いたことがありますが、管理人が若かりし頃、映画にズッポリ嵌ったことがあります。元々が、大の音楽好き。音楽だけでなく、芸術系全般が大好きです。小学生や中学生だった時には、学校行事で映画会が催されたり公会堂などへ劇を観に行くと、照明が落ちて銀幕や舞台が照らし出された瞬間から、決まってその幻想世界にスッとタイムスリップしたものでした。高校生の時、丁度その頃とある公立図書館で催されていた某有名映画評論家による解説付き名画鑑賞会がありまして、毎月欠かさず参加したものでした。そして大学生になった時には、勉強そっちのけにして名画座をハシゴして廻るのが週末の決まりという入れ込み具合だったのです。


しかしながら、映画史上に燦然と輝く名作の数々を、リアルタイムではないにしてもリバイバル上映や名画鑑賞会としてお茶の間ではなく劇場で観たことは、管理人の後の芸術観形成にかけがえのない影響を与えたように思います。今でこそ、DVDを借りて映画を見たりなども致しますが、劇場で観る映画は、まるでコンサートホールで聴く生の音楽とCDで聴く音楽が全く異質なのと同じくらい、体験の質・深さが違います。寝苦しい夜にふと瞼に浮かぶ映像は、決まってそのように体験した映画のワンシーンだったりします。


ちょうど数日前に脳裏をよぎったのも、そうした映画の一コマでした。それだけ強烈な印象を残したのですね。YouTubeで探したら、ありました。その映画の全編が。1960年製作、新藤兼人監督の作品「裸の島」です。主演は乙羽信子と殿山泰司。そして音楽は、林光 (1931-2012) です。この方も今年ご他界されているのですね。もしもお時間がありましたら、ぜひ終わりまでどうぞ。


http://www.youtube.com/watch?v=OjVtXe2pLaU








スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

「裸の島」ファンの皆様へ 私のHPの片隅に「プロジェクトS」という コーナーがあります。是非一度 お立ち寄りください。そして 寄稿もお願いします。
みはた | URL | 2012/06/16/Sat 09:46[EDIT]
コメントありがとうございました。どなたかこちらを見てそのサイトを訪れる方がいらっしゃるかもしれませんので、このまま残しておくことに致します。
RAM | URL | 2012/06/27/Wed 05:08[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © クラシック音楽の深い森. all rights reserved.