一度踏み入ったら出口の全く見えない音楽の深い森。森の中を彷徨い歩く内に出会った神々と妖精たちのお話です。

背中の風
MBM1


とある日の遅い午後、この人っ気のないレストランで飛行機待ちの時間を過ごしました。この日、お天気がいまいちだったこともあり、閉店しようとしていたところを無理にお願いした形になり、他にお客さんはおりません。


やがて夕闇が迫り、管理人は背中から受ける風を静かに受け止めていたら、無意識の内に両手を大きく拡げて立った姿勢になりました。そう、それはまるで空を飛ぶような。しかし、もしかしたらそれは心の何処かで祈りを捧げていたのかも知れません。


スイス生まれの作曲家Ralph Zurmühleの音楽が優しく、しかし思いの外しっかりと強く背中を抱くように、そして前へ前へと押してくれます。

「Horizon」



「The Wind at My Back」



スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © クラシック音楽の深い森. all rights reserved.