一度踏み入ったら出口の全く見えない音楽の深い森。森の中を彷徨い歩く内に出会った神々と妖精たちのお話です。

去りゆく夏
EOS2


もう8月も残すところ僅かです。例年であれば、まだまだ続く筈の猛暑も、どうやら今年の日本は例外らしく、東日本などでは中秋の頃の涼しさが訪れているとのこと。この先、多少暑さがぶり返すかも知れませんが、夏の終わりがやって来たことは間違いないようです。


全く個人的な話で恐縮ですが、この季節、管理人にとって身近な人たちが他界した命日が何故か集中しており、複雑な心境になる日々が続きます。現実的な境遇と自然そのものが持つ去りゆく夏の寂しさが相俟って、本ブログの過去記事でもお分かりのように、管理人の記憶の中では8月下旬から9月初旬にかけてだけ、『残暑の厳しさ』という感覚がすっかり欠落しています。





去りゆく夏と言えば、そこはかとなくにじみ出る季節の寂寥感が心に沁みるディーリアスの音楽について触れないわけには行きません。
皆様はディーリアスの代表作と言ったら、何の曲を思い浮かべますでしょうか。おそらく彼の作品の聴き込み具合によって、答えはかなり分かれるように思います。好きな作品は○○だけれど、彼の最高傑作なら△△という風に答え方も多様になるような気が致します。ワーグナーばりの雄大な音楽も書けば、触れたら壊れてしまいそうなほど超繊細な作品まで、オーケストレーションも実に多彩で、彼の音楽を一口で言い表すのは至難です。


管理人も、気分によって聴きたい音楽が変わります。イギリス弦楽オーケストラ作品集によく取り上げられる定番の諸作品も勿論好きですが、ワーグナーばりの雄大な旋律に散りばめられた歌劇『村のロメオとジュリエット 』、その中の間奏曲『楽園への小路 Walk to the Paradise Garden』も良いし、案外『フロリダ組曲 』のような色彩と情感に溢れる管弦楽曲が好みだったりします。無論、管弦楽伴奏の独唱・合唱曲集『海流 Sea Drift』『日没の歌 Song of Sunset』『告別の歌 Song of Farewel』だって、どれも素敵です。


数ある傑作の中でも特質すべきは、管理人が10代の頃にLPレコードで知った弦楽四重奏曲「去りゆくつばめ」です。その曲を初めて聴いた時には、繊細なガラス細工で出来た、文字通り「割れ物あり取扱い注意」の音楽にびっくり仰天しました。管理人にとって、別れが重なった夏の終わりや、そうでなくても寂しさが募る晩秋の頃に聴いたりしたものなら、絶望の孤独感と憂鬱さに打ちひしがれて、一刻も早くこの世を去りたいと思ってしまう程に、傷ついた心に深く突き刺さる音楽です。





かなり以前のことですが、作曲家ディーリアス (Frederick Theodore Albert Delius, 1862-1934) の生涯を、若年時の奔放さが災いして梅毒に感染し、後年その病に苦しまされ、身体麻痺に加えて視力まで失った晩年のディーリアスを助け、幾つもの作品を口述筆記によって楽譜として完成・出版したエリック・フェンビー (Eric William Fenby, 1906-1997)の物語を英国BBCが1968年にドラマ化した『Song of Summer』を、何年か後になって確かNHKの教育番組で観たことがあります。このドラマ、YouTubeにアップされているのですね。お時間がありましたら、ちょっとご覧になってみて下さい。随所にディーリアスの作品が聞こえて、音楽的にも優れたドラマだと思います。この動画ではドラマが約15分ずつの5編に分かれていて、全編で約75分になります。字幕がないのが残念ですが、ちょっと英語の勉強のつもりで視聴されるのも良いかも。フェンビーと指揮者ビーチャムの存在が無かったら、今日認識されるほどにディーリアスの名前が知られ無かったことは確かでしょう。

















最後に、音楽作品としても、きちんとご紹介しておきましょう。フェンビーの協力が無ければ存在し得なかった、謂わば共作と呼んでもあながち嘘ではないディーリアス最晩年の作品『夏の歌 A Song of Summer』(1931年作)です。





スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © クラシック音楽の深い森. all rights reserved.