一度踏み入ったら出口の全く見えない音楽の深い森。森の中を彷徨い歩く内に出会った神々と妖精たちのお話です。

相似形
HOV2


「ミッフィー」ちゃんと「ハローキティ」ちゃんを並べてみました。
オランダのスキポール空港にはミッフィー・グッズが溢れています。
初めて見た時は、「あれッ? どこかで見たような・・・。」。

暫くして、ハローキティの印象が多分に被っていることに気が付きました。
ほぼ2頭身の大きくて、やや横長の頭部。点で表した目。丸っこい両足。各要素は非常に似ています。

しかし、それだけなら耳の形とか、おひげの有無など、明らかな相違点を挙げることができます。

では、こちらの場合はどうでしょうか。


HOV3


サンリオに拠れば「キティー」のお友達という設定のキャラクター「キャシー」ちゃんと「ミッフィー」ちゃんです。
さすがにこう並べられると、「うむむ・・・」と言わざるを得ません。どちらかのキャラクターが先に発表されていて、もう一つのものが後から出て来たのであれば、これは著作権侵害などの問題が発生しそうです。


事実、ミッフィーの発表者(オランダの作者ディック・ブルーナさんが1955年に制作刊行した絵本の中でミッフィーが登場した)側を代表するメルヒス社は、2010年、「キャシーがミッフィーに酷似している」として発売停止の処分を求めてオランダでサンリオ社を提訴しました。裁判所は、「キャシーはミッフィーに酷似している」として商標権侵害の仮処分命令を出し、これに対してサンリオ側は異議申し立てを行い、著作権侵害に関して裁判で争うことになりました。


さて、改めて両者を比較してみると、確かにおひげが無くなって、耳が完全にウサギのそれになり、どう見ても模倣としか言えない・・・という指摘がもっともかと思えますが、一方、口の形が違うし(「キャシー」のは鼻とのこと)、「キティ」と同じくリボンの有る無しが違う。また「キャシー」は頭部と胴体の割合が少し後者の方が大きく、「ミッフィー」よりも年が上で少女という設定なのだそうで、それは着ている服からも分かる・・・という反論が。実際にそのような応酬があったかどうかは定かではありませんが、いずれにせよ裁判は延々と長引きそうになりました。


そもそも「ミッフィー」と「ハローキティ」、どちらか先に発表されたか皆様はご存じですか?
日本に居るとサンリオのハローキティ・グッズが身の回りに多く見られるので、そちらが先なのではと思われる方が少なくないかも知れません。しかし、ミッフィーが生れたのは上記の通り1955年。他方、「ハローキティ」が生れたのはサンリオによると1974年。実際に本に登場したのが1975年で、明らかに「ミッフィー」の方に歴史があります。


裁判の行方が大いに気になるところでしたが、そうこうする内に大事件が起きてしまいました。そう、2011年3月に発生した東日本大地震による津波という大災害です。このニュースを知ったメルヒス、サンリオ、オリジナルの作者ブルーナ氏の3者が合意して取った決断が特筆すべきものでした。

『3月11日の東日本大震災の犠牲者の皆様に深く哀悼の意を表するとともに、被災者の皆様に心よりお見舞い申し上げます。このような情況を鑑みメルシスとサンリオは訴訟を行うことにより費やす両社の諸費用をむしろ日本の復旧・復興のために寄付すべきであるという結論に至りました。』


この和解の後、サンリオ側は「キャシー」 の新製品を今後売らないことにしたそうです。実に爽やかな決着ではないでしょうか。





さて、何でこんな話題を持ち出したか、賢明な読者はお分かりですよね。この数日間で急展開した東京オリンピックのエンブレム問題。今、ここで誰が悪いとか、どれとどれが似ているとか違うとかいう検証をするつもりはありません。そもそも完全にオリジナルとは何かという本質的に難しい問題を孕んでいます。グラフィックデザインの世界では、従来の絵画や彫刻の世界とは異なり、コンピューターの力無くしてはその存在すら難しい特殊性があります。しかもネットが発展して、インスピレーションを触発されたのか、あるいは無意識の内に偶然似たものになってしまったのか、はたまたオリジナルなのか、その境界は不鮮明とならざるを得ません。そもそも「オリジナリティーとは何か」という定義自体が困難になっているように思えます。

ベルギーの某劇場のロゴを作案したデザイナー氏は、S氏の作品が自分のものを模倣したと認めたわけではないから、たとえオリンピック組織委員会がそのエンブレムの使用を中止することを決定したとしても訴訟は取り下げないと主張しています。「ミッフィー」と「キャシー」の間で見られた和解のように、皆が安心して納得できる心温まる解決策がないものでしょうかね。








本日の音楽、久し振りに覆面作曲家の作品をご紹介します。さて以下の画面から画面をYouTubeのページへ動かさずに作曲家名を当てられるでしょうか。余程の鑑識眼と言いますか、耳がないと分からないかと思います。




スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © クラシック音楽の深い森. all rights reserved.