一度踏み入ったら出口の全く見えない音楽の深い森。森の中を彷徨い歩く内に出会った神々と妖精たちのお話です。

数奇な運命を辿った極東の歌姫とロシアの歌曲(2)
SUH1


「極東の歌姫」 2人目のお話です。


写真だけでお名前を言い当てられたら、あなたは相当その道にお詳しいか、或いはきっと彼の国のご出身でしょう。
この記事を丹念にご覧になると、何処かでそれが見つかると思いますので、敢えてここでは記載しないことに致します。


前の記事の中でとあるロシアの作曲家と繋がっていますと書きました。この国には思いの外西洋のクラシック音楽が根付いており、現役および過去の名だたるオペラ歌手と比較したとしても、全く遜色のない、むしろそれを凌駕する素晴らしい歌姫が存在しています。先ずは次の動画をご覧下さい。曲は、アレクサンドル・アリャビエフの「小夜鳴鶯 Solovej」です。今日はロシア語の歌詞を付けておきましょう。和訳は前の記事にありますので、そちらをご参照下さい。





Solovej moj,solovej,
Golosistyj solovej!
Ty kuda,kuda letish,
Gde vsju nochku propojesh?
Solovej moj,solovej,
Golosistyj solovej!

Kto-to,bednaja,kak ja,
Noch proslushajet tebja,
Ne smykajuchi ochej,
Utopajuchi v slezakh?
Solovej moj,solovej,
Golosistyj solovej!

Ty leti,moj solovej,
Khot' za tridevjat' zemel',
Khot' za sinije morja,
Na chuzhije berega;
Solovej moj,solovej,
Golosistyj solovej!

Pobyvaj vo vsekh stranakh,
V derevnjakh i gorodakh:
Ne najti tebe nigde
Goremychneje menja.
Solovej moj,solovej,
Golosistyj solovej!


極東のある管弦楽団が西洋のある管弦楽団と合同して行われたコンサートから収録された動画ですが、同じ日に唄われたもう1曲もご紹介しておきます。





声の透明感、歌唱技術、声量、どれを取っても素晴らしいです。


これだけの素晴らしい音楽を奏で、歌った音楽家たちが、あの事件を境にすべての表舞台から消え去ってしまいました。
とりわけ、本日の主人公については、皮肉にも彼女の並外れたエキゾチックで西洋風の美貌が仇となって、●刑されたと専ら噂の人気歌手とあの人物が選んだ歌手、そして彼女の3人の間で複雑な関係があったとネットの一部では言われています。あの事件の真相がもしもそれであったなら、何をか況やです。彼女が現在どうしているのか、その後の運命が大変気になりますが、残念ながら全く情報は得られません。わずかに彼女の芸術と共演した音楽グループを偲んで、とあるサイトだけが非公式にアップされています。もしもお時間があれば、是非こちら↓をご覧になって下さい。サイトの開設者が誰であるかは不明です。


http://seounhyang.weebly.com/


そして最後に、もう1曲だけオーケストラの面々と共演した動画を挙げておきます。例の女性歌手と同時に●刑されたと言われているオーケストラのあるメンバーのお顔が見られます。それが事実であれば、謹んでお花を捧げたいと思います。





スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © クラシック音楽の深い森. all rights reserved.