一度踏み入ったら出口の全く見えない音楽の深い森。森の中を彷徨い歩く内に出会った神々と妖精たちのお話です。

久隅守景展
TMT1


管理人、ただ今、日本に居ります。たまたま日曜日の朝、テレビを点けたら、丁度東京のサントリー美術館において『久隅守景展』が開催されており、その特集番組を放映していました。彼の作品が纏めて鑑賞出来る絶好の機会ですので、早速六本木の東京ミッドタウンに行ってみることにしました。


テレビで放映された直後ですから、さぞや館内は人でごった返しているかと思いきや、意外にそれ程でもなく、ゆっくりと鑑賞をすることが出来ました。展覧会の見どころを簡潔に解説してくれた学芸員の方による30分程度の講演会も、非常に分かり易く、足を運んだ甲斐がありました。


当ブログの読者の中で、久隅守景って一体誰?って思われる方がいらっしゃるのも無理はありません。江戸時代初期の狩野派の中で最も嘱望された絵師でありながら、その生涯には謎が多く、生没年についても全く詳細が分かって居りません。詳しくはご自分でお調べになって頂きたいと思いますが、生年はほぼ17世紀の初め頃、寛永から16世紀の終わり元禄時代まで活動したことが分かっています。師は狩野探幽(1602-1674)。守景について不明な点が多いのは、探幽の姪と結婚し、一男一女の子を授かったものの、やがて子供たちがそれぞれに一門の中で問題を起こし(息子彦十郎は吉原通いが高じて狩野派から破門され、最後は門人との間で諍い事を起こした罪で佐渡に島流しにされ、娘は清原雪信の名で女流絵師としての名を上げるものの、狩野門下の塾生の一人と駆け落ちをしてしまう)、その責任を取って狩野派を離れたために資料が極めて乏しいのがその理由だそうです。守景の代表作は、展覧会でも出品されている国宝『納涼図屏風』。


TMT2


この屏風絵は、木下長嘯子(桃山から江戸初期に生きた武将、木下勝俊(1569-1649)の歌人名)の和歌
「夕顔の さける軒端の下涼み 男はててれ 女はふたの物」
を題材にした作品であろうと言われています。ちなみに、「ててれ」とは晩年に守景が過ごした加賀藩(現石川県)金沢辺りの方言で襦袢のことを意味しており、「ふたの物」とは腰巻のことを指しています。満月が出ているとある夕べのひとときを、夫婦と子供が夕顔のつるが延びる軒端の下でのんびりと涼んでいる様子が描かれています。


その屏風の一部を拡大すると、下図のようになります。


TMT3


質素な生活でありながら、何と平和で幸せそうな一家の様子ではありませんか。この絵の解釈として、狩野派の中で最も実力がありながら、その一門から身を追われるように去らなければならなかった守景の不遇な人生を振り返り、現実には得られなかった理想的な家族の夢を描いたものとする説もありとのこと。しかし、管理人にはそのように屈折した捉え方をするよりも、純粋に歌の通りの情景を描いたのではないか、つまり別の言い方をすれば、守景の心象もきっと最後はそのような安寧の境地に至っていた気がしてなりません。展覧会は来月29日まで開かれているとのこと。他にも守景の優れた作品を多数鑑賞することが出来ます。長閑なひとときを過ごされてみては如何でしょうか。





展覧会を楽しんだ後、管理人にとっては何年か振りの六本木界隈です。少し散策することにしました。東京ミッドタウン周辺はお洒落なお店が一杯です。そして何気に眼に入った暖かそうな冬のコートの正札をひっくり返して見たら、何と33万円!!! その横に展示したあったお洋服も16万円!!! ショーケースに入っている特別な商品でもないのにですよ。東京って、そんな高価なものが普通に売られている程にセレブの人たちが沢山いる街なのでしょうか。守景の描く庶民的で質素な絵に心が和んだ直後でしたから、余計にビックリしてしまいました。





今日の音楽は、Andre Gagnonの「Les Jours Tranquilles」 です。




スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © クラシック音楽の深い森. all rights reserved.