一度踏み入ったら出口の全く見えない音楽の深い森。森の中を彷徨い歩く内に出会った神々と妖精たちのお話です。

西日本を走る中央構造線
KBE1


今月14日夜に発生した熊本県益城町を震源とする震度7の大地震。それに続く16日未明に発生したほぼ同じ地域を震源とする震度7の本震。今回の一連の熊本(および大分)地方を襲った地震は、1週間以上も経過しているにも拘わらず、未だに強く、長期間に渡る余震が続いていることや、前震だけでも相当規模の被害が出た上に、更にそれ以上のマグニチュードの本震が襲ったことなど、私たちが近年続いた数々の震災によって随分学んだ筈の地震に対する教訓や常識を根底から改めなければならない程、予想を上回る大きな被害をもたらしています。謹んで犠牲者の方々のご冥福を祈ると共に、被災された方々に一日も早く平穏な生活が訪れることを心からお祈り申し上げます。


KBE2


西日本のど真ん中を縦断する中央構造線。地理の教科書や地図帳に載っていても、正直今一つ実感を持てませんでした。しかし、この一連の地震の震源地をプロットした映像を拝見すると、正にこの中央構造帯に沿って地震と断層が発生していることに驚くほかはありません。こうした実例を目の当たりにすると、過去の断層帯がとりわけ集中している真上の建造物は、いつの日か必ず地震が起こり得るに違いありません。一般の家屋は勿論ですが、原発などのように仮に災害が発生した場合に巨大な影響を周辺地域にもたらす可能性がある時は、特に慎重を期さねばならない筈。しかるに、原発に頼らざるを得ない各電力会社は、そうした議論から世間の眼をずらすことに躍起となるばかり。福島の問題が今だ解決されないにも拘わらず、エネルギーの安定供給のためには原発も仕方なしと容認する風潮が拡がりつつある状況下で、今回の地震は新たな警鐘を鳴らしています。建設計画や再稼働が容認された原発に関して、今一度真剣な検討が強く望まれます。






熊本出身の方と言えば、多数の芸能人、特に有名演歌歌手がいらっしゃいますが、今回何故かこの方を想い出しました。2006年に他界されたばってん荒川さんと同じく熊本出身の島津亜矢さん。次の映像は、かねてより永久保存されるべき優れモノと管理人は思っています。故郷を離れて幾年月。何度聴いても泣けてきます。





スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © クラシック音楽の深い森. all rights reserved.