一度踏み入ったら出口の全く見えない音楽の深い森。森の中を彷徨い歩く内に出会った神々と妖精たちのお話です。

目くらまし
GIG1


首相のロシア訪問(北方領土返還問題とシベリア開発との交換条件が主な話題か?)、パナマ文書の(一部)公開、そして間もなく伊勢志摩サミット、オバマ大統領の広島訪問、その後には参議院選挙(おそらくはダブル選挙と思われる)・・・ と、将来の日本および世界の政治社会に関して大きな影響を与えるであろう重要イベントが相次いでいます。そんなさなかに、某知事の公費使用に関する疑問の数々が報じられ、ご本人は相当な事前準備をかけて釈明会見に臨んだものの、そもそも公人としての金銭感覚がずれていることが批判され、ほぼ同時期に(こちらは前知事が就任していた時の出来事でしたが)オリンピック招致に際して国際陸連の関係者に相当額の金銭が送金された事実が発覚するなど、このところとあるメディアによる報道リークに端を発し、当事者の進退にまで発展する(であろう)ニュースが世間を賑わしています。


国民の中には、唖然とするもの、大いに怒りを覚えるもの、そんなことは(ないに超したことはないが)あっても不思議はないと比較的寛容なものなど、様々な意見・反応が表れています。確かに、それぞれの事象に対して、個々人が自由に様々な意見を持つことは大事なことで、そのこと自体は何の問題もありません。しかしながら、管理人が最も怖れていることは、それらの意見・反応が一時的なものに終わり、本当に重要な判断事項を前にした場合、関心やエネルギーが失われ、本来発揮されるべき正しい注意力と判断力が薄れてしまうことです。政治家の中には、あまり表舞台には顔を出さないけれど側近に非常に知恵が働く人物が付いて居ることがあり(それが政治家本人の場合もあります)、こうした社会的エネルギーの集積や分散にはリズムがあり、大きく盛り上がった反対運動でさえも必ずしも長時間は持続しないことを計算した上で、深謀遠慮に重要な案件をひっそりと押し進める恐るべき強腕なタイプがあります。


こうした人物がリーダーになっている時や、次期にその可能性が高い地位に付いている場合には、極めて要注意です。大衆の一般的反応を読み、時にそれに迎合するふりをしながら、本当の狙いから世間の眼が離れるように仕向けることを巧妙に行うからです。中国漁船による尖閣諸島周辺海域への領海侵犯事件と、その後のだ捕・釈放を利用して、安保法案可決に至る一連の政治的動きなどは実に綿密な計画の下に進められた感があります。これからは憲法改正に向けて、消費税の10%アップの延期問題や、オリンピックに絡んだ様々な疑惑・問題などを恰好の取引や目くらましのための材料とすることでしょう。そのためにダブル選挙を実行すべきか否か、首相とその側近(ら)は(あらゆるセンサーを動員して)密かに機を伺っていることは間違いありません。私たちは、その場その時に議論となっている出来事に一喜一憂して大騒ぎするのではなく、長期的展望の中で日々起こる出来事・議論に注視し、できればその論議に直接参加し、各種マスメディアによる報道についても真に受けず(特に大新聞は時の政権に最終的に迎合する傾向があります)、その真偽を十分に精査しながら、自分自身の確固とした意見を継続して表明しなければなりません。


5月15日と言えば、古くは5.15事件が起こった日。比較的新しいところでは、1972年沖縄が返還された日を記念して、その後5.15平和行進などの運動が記憶されます。血気に燃え、多大なエネルギーを注ぐことは社会変革には必要なことではありますが、正しい方向へ向かうためには、それ以上の冷静さと継続的エネルギーが必要とされます。





少々お堅い話をしました。次の動画でも見て、気分転換など為さってお楽しみ下さい。この楽しい音楽と例のあのトリック(このブログでも以前、別な曲を背景に撮られた古い動画として紹介したことがあります)、大変気に入っています。






スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © クラシック音楽の深い森. all rights reserved.