一度踏み入ったら出口の全く見えない音楽の深い森。森の中を彷徨い歩く内に出会った神々と妖精たちのお話です。

母というもの
MOT1


韓国映画『母なる証明(邦題)』(監督・原案ポン・ジュノ、2009年公開)という作品を最近観ました。もう数年以上も前の作品で、何を今更と言われるかも知れません。しかし、映画が公開された当時、管理人は多忙を極めており(結果的に国外転出することになりました)、その映画の存在も、どの程度評判になったのかも存じませんでした。しかし、冒頭のシーンからただならぬ雰囲気に惹き込まれ、意表を突く結末のシーンまで、良い意味で韓国映画の特色が良く出ており脱帽です。作曲の技法で「循環形式」というのがありますが、差し詰め「映像の循環形式」を駆使した作品と言えるかも知れません。何度か同じ映像シーンが現れますが、実は同じように見えて、最初のそれと後のものとは別撮りでほんの少し異なっています。メイキング映像を見れたら(あるかどうかは不明)面白いのではないでしょうか。


物語は、1人の中年女性が誰も居ない野原を彷徨い歩く内に、不思議なダンスを踊るシーンから始まります。このダンスは、(観終わってみれば)この後の物語の進行をそれとなく予言するものなのですが、この段階では全く意味が分かりません。次いで舞台は、とある小さな町に住む知的障害を持つ青年トジュンとその悪友ジンテが道路で犬と戯れているシーンへと移ります。そこへ突然1台のベンツが危うく彼らを轢きそうに走り去り、その瞬間を眼の前で目撃したトジュンの母親が驚いて裁断作業中の指を怪我しながらもトジュンの足元へと駆け寄ります。母の血を見たトジュンはてっきりひき逃げのせいと勘違いし、ベンツの車の持ち主が向かっていたゴルフ場で仕返ししようとする・・・。


やがて、この町でひとりの女子高校生が民家の屋上で殺されているのが発見され、事件の容疑者として青年トジュンが逮捕されてしまいます。死体発見の現場近くにトジュンがゴルフ場で拾っていたゴルフボールが見つかったからです。母親にとって、トジュンは何ものにも代えがたい最愛の息子。息子の性格から殺人など出来よう筈もなく、警察の力を借りずに自ら真犯人を突き止めようと必死に探る内に、思いもよらぬ真実に直面することに・・・という筋書きです。韓国では国民的女優の一人と言えるキム・ヘジャが母親役を熱演しています。


もしも、皆様既にご存じでしたら、何を今頃感心などしているのかと、管理人の時代遅れをご笑止下さいませ。ちょっと予告編を見てみましょうか。





なお全編をご覧になりたい方は、レンタルかビデオ・DVDショップなどで借りて観て下さい。ただし、観終わった後に簡単には拭い去れない澱(おり)のようなものが残る相当にインパクトの強い作品です。その点だけご注意申し上げておきます。


スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © クラシック音楽の深い森. all rights reserved.