一度踏み入ったら出口の全く見えない音楽の深い森。森の中を彷徨い歩く内に出会った神々と妖精たちのお話です。

再び機上の人に
AMA1


当ブログをご訪問の皆様、いつもご覧頂き有り難うございます。また初めての方も、残暑厳しき中、何らかのご縁でこちらに到着されたのでしょうから、お時間のある限りお寛ぎ頂き、よろしかったら又お出で下さいませ。


さて、リオ・オリンピックも残すところ後僅かというこのタイミングで、非情にも出張命令が下りてしまいました。しばし日本生活をエンジョイしていましたのに。テレビ観戦で、そうでなくとも時差ボケ生活になっていましたのが、その予兆になるとは・・・。


ヨーロッパの夏の夜は短いです。夜9時というのに空は未だ明るく、早朝の3時を回れば、もう明るくなってしまいます。一体いつ寝たら健康的な生活が出来るのやら。それでもエアコン無しでは眠りに就けない酷暑の日本より少しだけ涼しい国へのお仕事ですから、それだけが救いでしょうか。閉会式を観れないのが、返す返すも心残り・・・。それにしても今回のオリンピック、日本選手の活躍がスゴイです!皆さん、素晴らしい成績を挙げました。そしてメダルを取った選手からは勿論、惜しくも取れなかった選手からも、多大な感動を頂きました。開幕してからほぼ毎日、眠い目をこすりながらも、それに余りある感動シーンをたくさん観させて頂きました。余りに数多く、敢えてこれとは挙げませんが、とにかく大きな勇気をもらいました。有り難うございます。


今回は日本に居た御蔭で、北京大会以来、実に8年振りに大方の競技をテレビ観戦出来ました。前回ロンドン大会の時は、開会式以外、ほとんどテレビ放映がなく(そもそもメダルをほとんど取ったことがない国に居りましたので)、結果はネットのニュースで知るばかり、男女のサッカーを除いて全く蚊帳の外でした。次回東京オリンピック、はたして管理人は世界の何処で観戦出来るのでしょうか???(そもそも、それまで雇用してもらえるのか否かすら不明なのに・・・汗)





ところでインフライト・ミュージックの中に交響曲第26番が流れていました。皆さん、「交響曲第26番」と聞いて作曲者が誰か直ぐにピンっと来ますでしょうか? 
モーツァルト?それともハイドン?ひょっとしてミヤスコフスキー?まさかのセーゲルスタム?(笑)
誰であれ、曲の冒頭がどんな曲調か頭に浮かびますか?


本ブログでは、取り上げることが極めて珍しい作曲家、この作品をちょっと鑑賞してみようではありませんか。管理人は久し振りに新鮮な気持ちで聴くことが出来ました。





スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © クラシック音楽の深い森. all rights reserved.