一度踏み入ったら出口の全く見えない音楽の深い森。森の中を彷徨い歩く内に出会った神々と妖精たちのお話です。

未知の世界へ(3)
FNC6


コロンブス (ca1451-1506) は新大陸に向けて全部で4回の航海を行っています。第1回目はご存知の通り、1492年から1493年に掛けて。第2回目は1493年から1496年まで。第3回目は1496年から1500年。そして最後の4回目は1502年から1504年までですから、後半生の大半をその事業のために費やしたと言えます。その4回の航路を次図に示します。↓


FNC7


しかしながら、彼がこれらの航海の先々で起こした所業は、今日私たちの多くがそうと思っている新天地の開拓事業とは大きく異なり、各地の先住民であったアメリカン・ネイティブ(インディオ)の人々に対して、僅かな贈り物と引き換えに黄金を始めとした財宝などを差し出すことを要求するという相当強引なものでした。しかもノルマが達成されなければ、容赦なく先住民たちを残虐に懲らしめることを厭いませんでした。1492年の航海へと出発する前に、スペインのイザベラ女王とはインド到達(コロンブスはインドに到達することを目的としており、彼は死ぬまでそこをインドであると信じていた)のあかつきには、その土地の提督に任命されること、そしてそこから上がる純益の1割を成功報酬として得ることなどを約束させていました。こうしたこともあり、彼の部下の者たち(スペイン軍兵士)は先住民たちが自分たちの言う通りにならなければ彼らを虐殺することも平気となり、時には殺すことを楽しみにさえしていたと言われています。実際、コロンブスらが如何に先住民たちに恨まれたかは、植民のためにと一部の部下の船員たちを現地に残して本国に帰還しているのですが、次に戻った時にはその全員が先住民たちによって殺されていたことからも分かります。こうしたコロンブスの部下たちの悪行や彼の統治能力の不味さは、当然スペイン本土にも伝え及ぶこととなり、コロンブスの処遇は最初こそスペインにおいて大歓迎で迎えられましたが、やがて次々と統治上の権利が奪い取られ、最後の航海を終えてから2年後に不遇の内にコロンブスは生涯を終えることになってしまいます。詳しくはネット上に種々の情報が載っていますので、そちらをご参照下さい。


さて今日、一口に中南米と言いますが、よく見るとブラジルだけがポルトガル語圏であり、その他の中南米諸国はスペイン語が公用語となっています。何故にそうした違いが出来たのでしょうか。


コロンブスの航海の後、スペインは続々と植民政策を進めます。コロンブスの死後、約半世紀後にはメキシコとペルーで相次いで銀山が発見され、拍車が掛かりました。では、何故ブラジルもスペイン語圏にならなかったのでしょうか。実は南米大陸の北辺部分はコロンブス一行によって探訪されており、現在のブラジル領北部に最初に到達したのはコロンブスらと共に出発した3隻の船の内の一つニーニャ号の船長であったビセンテ・ヤーニェス・ピンソン (ca1460-没年不詳) が1500年1月にブラジルの北海岸アマゾン川河口付近まで探訪していました。しかし、当時盛んに船団を新世界に送りこみ互いに覇権を競い合っていたスペインとポルトガルの間には、トルデシリャス条約[*注]と呼ばれる新世界の領土分割に関する取り決めが既に交わされており、これに基づきスペインはその一帯の領有権を主張することが出来ませんでした。

[*注. 西経46度37分より東側をポルトガル領、それより西側をスペイン領とするという取り決めで、当時教皇であったスペイン出身のアレクサンデル6世が自国に有利なようにと1493年に言い出しました。アマゾン川河口は西経50度付近にあり、この僅かな差が結局両国の命運を分けることになりました。正に運命のイタズラと言えるかも知れません。なお、この条約はポルトガル側にとって不満であり、フェルディナンド・マゼラン (1480-1521) の艦隊を引き継いで世界周航に成功したフアン・セバスティアン・エルカーノ (1476-1526) が1522年にスペインに帰還したことにより、地球が丸いことが実証され、新たな線引きが必要となりました。その結果、それまでの境界線は少し東側の西経約35度辺りに移動して引かれ、香辛料の産地として東南アジア地域のマルッカ諸島付近(現インドネシア)でも両国は火花を散らしておりましたので、もう1本新たな境界線を東経約135度辺りに定めるというサラゴサ条約が1529年に両国の間で批准されます。国際政治と時の経済が密接に関連する好例と言えるでしょう。北方領土問題や尖閣諸島の問題を抱える日本としては、これは大いに記憶に留める価値がある話だと思います。]


一方のポルトガルは、ペドロ・アルヴァレス・カブラル (1467 or1 468-1520) が1500年に(アフリカ南端経由で)インドに向けて出発したところ、途中で嵐に遭い、結果として同年4月に今日のブラジルの南半球側Porto Seguro (西経39度付近) に漂着しました。次図が彼の取った航路(赤線が往路、青線がインドからの帰路)を示しています。↓


FNC8


インドには1498年にバスコ・ダ・ガマ (ca1460-1524) が到達しており、新大陸の開拓ではスペインに遅れを取ったものの、インドそのものには結局ポルトガルが先に辿り着きました。そのインドの地を確保するために派遣した後続のカブラルが、まるで運命のイタズラのように想定外に到着したブラジルです。逃すわけがありません。つまり、15世紀から16世紀にかけた、いわゆる大航海時代とは、船の改良を始めとして天文学や地理学など当時の科学技術が飛躍的に発展した時期と軌を一にして、ポルトガルとスペインが世界の覇権を求めて競い合った時代なのです。結果としては、その後にオランダやイギリスにその主導権を奪われてしまうわけですが、こうした歴史的事実をその時代背景から読み解きますと、まるで眼から鱗のように色々なことが理解されて来るのではないでしょうか。全3回にわたった『未知の世界へ』の旅立ちのお話ですが、これにて一旦終了とさせて頂きます。この話の続きは、またいつの日にか気が向きましたならば。




本日の音楽、コロンブスの名前にちなんでそれが国名となった南米コロンビアの作曲家ギジェルモ・ウリベ・オルギン (Guillermo Uribe Holguín, 1880-1971) の作品「Tres Danzas」を聴いてみましょう。






スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © クラシック音楽の深い森. all rights reserved.