一度踏み入ったら出口の全く見えない音楽の深い森。森の中を彷徨い歩く内に出会った神々と妖精たちのお話です。

ダム決壊
LVO1


上に掲げた写真は、世界でも何番目(かつては1番であったこともありましたが、現在の順位は不明)かに巨大なダムによって出来た人造湖のほとりで、当ブログ管理人自身が数年前に撮影したものです。見る方向によっては遥か遠方にある筈の対岸が全く見えないくらい広大な湖です。






この湖ではありませんが、米国のカリフォルニア州にあるダムの堰止湖が只今大変なことになっています。オロビル湖ダムと言って、州都であるサクラメント市の北方約100 kmに位置しており、上流地域に大雨が続いたことによって今月に入ってから湖の警戒水量レベルを大幅に超え始めていました。放水路を全開にして水量を下げようとするも、主たる放水路が以前から老朽化進行していたこともあって、ついに決壊。予備放水路の決壊も時間の問題で、ダム全体が崩壊する危険性が正に迫ろうとしています。緊急避難命令が既に地域住民に対して発令。しかし、ダムの下流域に甚大な被害が出るものと思われます。


現地時間2月11日午後4時における映像が、こちら。↓ 妙に音声など無いことが、反って恐怖を感じさせます。





12日付けの各種投稿映像では更に決壊の状況が深刻となっていますので、このまま行くと大変になることは必至です。


自然災害が悲惨なことは言うまでもありません。が、これはある意味で致し方のないこと。近年私たちが学んだ筈の教訓は、「想定外」というのは言い訳にならず、「実際にあり得る」ことなのだという真実です。


昨今、地球温暖化の影響なのでしょうか、大気の循環がこれまで経験したことのないレベルまで、より活発化しているように思われてなりません。ゲリラ豪雨と呼ばれる現象がその好例かと思われますが、以前の記憶にはない記録的な集中豪雨が局所的に起こるなど、とにかく予想外の自然現象が世界の各地で頻繁に発生しています。


問題は、そうした危険性があらかじめ察知されていながら、その対策を怠り、いわば人為的な原因により被害を甚大化させてしまうことです。今回のダム決壊もそうした側面が無きしもあらず。事態の推移が気掛かりなことは言うまでもありません。が、このことを契機として、むしろ私たちの身の回りにそのような危険性が潜んでいるのではないか、改めて見直してみる必要があるように思われます。


スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © クラシック音楽の深い森. all rights reserved.