一度踏み入ったら出口の全く見えない音楽の深い森。森の中を彷徨い歩く内に出会った神々と妖精たちのお話です。

なんとか再開
ROP1


いろいろと管理人本人の身辺に多難が続き、暫くブログを更新できませんでした。まだ決して状況が良くなったわけではないのですが、少し気分転換も兼ねてブログを再開してみたいと思います。もっとも、また直ぐに途絶えてしまうかも知れませんが、その時はその時ということで・・・。


先日、宮城県の石巻に行って参りました。丁度仙台での用事がありましたので、それが終わった後に現在の復興状況や如何にと自分の眼で確かめたかったこともあり、猛暑の中を押して仙石線に乗りました。あの大震災直後以来、6年何ヶ月振りの訪問です。


ROP2


駅前に降り立ったら、間もなくこの看板に遭遇。そうでした、あの時は駅前から続く商店街は1階がほぼ全て水浸しとなり、使えなくなった家具や商品などが道路傍に山積みになっていたことを想い出しました。


ROP3


旧北上川を渡って直ぐの光景がこちら。津波の被害を受けた家々はほとんど撤去され、空き地となっており、当時の面影がほとんどありません。


ROP4


更に漁港地区の方へ歩を進めると、大きな堤防が出来ており、視界が遮られ、しかも立ち入り禁止となっていました。


この辺りの震災直後の情景は以下のような有り様でした。


ROP5


月日の流れるスピードに改めて驚くと共に、もはや元の通りに戻ることはあり得ないという現実に打ちのめされ、記憶に残る6年前の情景と現在の姿を比較しながら、只々炎天下の中を彷徨することとなりました。確かに幾つもの新しい建造物を眼にはしましたが、何故かいずれも生活感と言いますか、命の息吹を直接的に感じさせないものが多く、これで本当に復興していると言って良いのだろうかとの疑問ばかりが頭の中をグルグルと巡っていたというのが正直な感想でした。


この東北への旅行直前には、とある熱帯の海外に出かけておりまして、その時の疲労が取り切れないまま、上記のように猛暑の中を彷徨したため、体調を大幅に崩して今日に至っています。相変わらず少しも進歩しない管理人です。この半年間、実に様々な出来事が内外にありましたが、それぞれを振り返る余裕もないため、取り敢えずは辛うじて再開というご挨拶のみにて失礼致します。


スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © クラシック音楽の深い森. all rights reserved.