一度踏み入ったら出口の全く見えない音楽の深い森。森の中を彷徨い歩く内に出会った神々と妖精たちのお話です。

アイルランドの風景(1)
GAL5


西日本では猛暑の毎日が続く中、東京では8月の最初から連日雨天という異常気象だそうですね。気分を変えて、これから暫くの間管理人の心の故郷とも言えるアイルランドを訪問した時の写真などをご紹介したいと存じます。少し以前の旅行で、季節も春の終わり頃。ひんやりとした空気を味わって頂ければ幸いです。


先ずは、パリからCityjetという会社のやや小型ジェット機に乗り、アイルランドの首都に近いダブリン国際空港まで2時間弱のフライト。空港からは、ダブリン市内を通り抜け、西方の街ゴールウェイまでの直行バスが出ています。約3時間程度のドライブで、アイリッシュ音楽の中心地の一つにたどり着けるのですから、ちょっとしたタイムスリップをした感じです。


GAL4


音楽のことはさておきまして、街の中を少し散策してみますと流石にアイリッシュ・ムード満点です。


GAL2


観光客に溢れる中心街を抜けて少し外れの方まで足を伸ばせば、辺りの風景は一気に北欧的になりました。


GAL1


GAL8


港に近い河口周辺には白鳥の群れが身体を休めています。人に慣れているのか、逃げるどころか近寄って来ました。


GAL3





これから、更にアイルランドらしい絶景が待ってくれているかと想えば、期待感がいや増す旅のプロローグです。




本日の音楽は、アイルランド生まれの作曲家と言えば、やはりこの人。ハミルトン・ハーティ(Hamilton Harty, 1879-1941) の交響詩「With the Wild Geese」(1910年作)。Hartyについては、「リールの子供たち」(2008年9月25日の記事)で一度紹介しています。彼の作品はどれも故郷アイルランドの調べと香りに包まれた哀愁に満ちた作品ばかり、それでいて不思議な力強さが秘められています。初めての方は、是非この作品からでもお聞きになってみて下さい。







スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © クラシック音楽の深い森. all rights reserved.