一度踏み入ったら出口の全く見えない音楽の深い森。森の中を彷徨い歩く内に出会った神々と妖精たちのお話です。

アイルランドの風景(5)
DEC15


アラン諸島と言えば、ファッションに多少とも関心のある方なら直ぐにあれでしょとピンと来る筈です。


そう、アラン(織り)・セーター発祥の地なのです。本土からのフェリーが発着するキルロランの港から数分のところに、壁に大きく「Aran Sweater Market」と書かれた発売所があります。


DEC14


お店の中に入ると、女性用・男性用を問わず実にたくさんの商品が並べられており、お土産には最適の品かも知れません。


DEC16


お値段は、勿論サイズやデザインによって多種多様ですが、おおよそ1着50ユーロから100ユーロくらいです。遥々ここまで来て購入したことを思えば、意外と安価なのではないでしょうか。


さて、アラン織りと言えば、ケルト文様のような網目の凹凸がくっきりと目立つ独特の編み方が有名です。都会から遠く離れた漁師たちの島で何故にアラン織りのような産業がこの地で生まれ、今日まで受け継がれて来たのかは、アラン諸島が何世紀もの間くぐり抜けて来た歴史(それはアイルランド辺境の地の多くの漁師町にも当てはまります)、即ち厳しい大自然との闘い、ほとんど農作物が収穫できない岩石だらけの荒れ地において、わずかに人々の生活を支える牧羊業、そして危険を伴うとは言え、唯一豊富な生物資源とも言える大西洋の恵み、それらが相俟って初めてほんの少しだけ理解されるような気が致します。次の動画は、その辺りを見事にまとめています。





島を離れる前に撮影したケルト十字。これは墓標ではなく、おそらく観光者向けの記念碑でしょう。とても印象的な風景に満ち溢れたアラン諸島。またいつの日か再び訪れたいと心から思いました。


DEC18








今日の音楽は、やはりアイルランドと言えばこの人の存在なくしてこの国のクラシック音楽は語れないSir Charles Villiers Stanford(1852-1924)の管弦楽用作品からアイリッシュ・ラプソディー第6番, Op.191。Stanfordについては、このブログで何度も取り上げていますので、特にここでは紹介を繰り返しません。





スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © クラシック音楽の深い森. all rights reserved.