一度踏み入ったら出口の全く見えない音楽の深い森。森の中を彷徨い歩く内に出会った神々と妖精たちのお話です。

吹雪
SST1


つい先日も雪かき中に屋根から滑り落ちて人が亡くなったり、また列車が雪で立ち往生というニュースがありました。この冬の日本は例年以上に降雪量が多いように思われます。寒波が日本海を覆うように張り出した時、西高東低の典型的な冬型気圧配置となった時、日本海海上から吸い上げた膨大な水分が西方(または西北方向)からの強烈な風に乗って日本列島に向かって運ばれ、2,000~3,000メートル級の山々に阻まれて大量の雪となるのです。


最近はシベリアの大地に果てしなく続く雪と氷の風景を遥か上空の機内から眺めるばかりですが、実は当ブログ管理人、雪国に数年間ほど住んだことがあります。直前まで熱帯の熱い国に居住しており、丁度秋から冬に入る頃に北国のある地方都市に赴任することになりました。さてこれからどのような新しい生活が待ち受けているやらと期待と不安を交互に胸に抱きながら新天地に馴染もうと必死に頑張っていたら、11月の中旬でしたか突然の大雪となりました。道路は瞬く間に雪に覆われ、購入したばかりの自動車(軽)のタイヤ交換を大慌てでガソリンスタンドに依頼したのも生まれて初めての経験。どうやらその冬は例年になく雪の当たり年だったようで、一晩に50cm以上も積もって車を駐車場から出せなかったことや、スリップして道路際の雪だまりに突っ込みあわや事故寸前という経験をしたことも。また仕事場の窓からふと外を眺めたら、雪が真横から、と言うよりも、まるで下から吹き上げるようにもの凄いスピードで流れて行く光景を目の当たりにして、到頭地の果て(笑)まで来てしまったなと少し後悔したことすらも。結局、雪国での生活は3年余りで切り上げとなり、再び日本を飛び出して海外へ向かうことになりましたが、今となっては懐かしい想い出です。






今日は、そんな管理人の想い出に関連した音楽の紹介です。ロシアの作曲家ゲオルギー・ヴァシレイヴィッチ・スヴィリードフ (Georgy Vasilyevich Sviridov, 1915-1998) の作品「吹雪 The Snow Storm 」(プーシキンの物語への音楽の挿絵) です(1975年作)。本曲は、プーシキンの恋愛小説「吹雪」を基にした映画のために付帯された音楽より抜粋された一種の組曲で、全9曲から構成されています。第二次世界大戦終結後、彼の師匠であったショスタコーヴィッチらが晒されたいわゆる社会主義リアリズムに反するとされた音楽が指弾されたジダーノフ批判の時代をくぐり抜けて来た経歴があるにも拘わらず、敢えて一見古風な、まるでチャイコフスキー時代の正統的ロシア音楽に回帰したような音楽(実際はかなり進化)です。各曲とも大変聴きやすいロマンチックな音楽ですので、最初に挙げた第2曲「ワルツ」がお気に召しましたら、是非とも次の全曲版(全9曲で演奏時間は約30分)をお聴きになることをお薦め致します。








スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © クラシック音楽の深い森. all rights reserved.